報酬9億8200万円!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110629-00000062-jij-bus_all

景気の良い話ですね♪
日産自動車のカルロス・ゴーン社長の報酬です。

ヤフコメでは、
『9億でも10億でも文句言えないよ。
 彼がいなかったら10年前に倒産していたんだもの。』

『もっと下げて沢山のひとを雇用してほしい。』

『某電力会社の再建もお願いしたら?』

『ゴーンや役員の年俸を減らしたら、被災者から何人雇用出来ることやら。』
など、様々なコメントが飛び交っています。

個人的には、妥当な額かどうかは判別できませんが、
多くの報酬を頂いて当然の人物なのでは?と考えています。

倒産寸前の日産を立て直す原動力になったことは事実ですし、
この資本主義社会において、
ただダラダラと遊んで、楽をして、
あるいは詐欺まがい、人を騙す等のことをしたわけではなく、
自分自身の実力を発揮し、多くの人々に影響を与えてきたことに対する
見返りだと思うからです。

ビジネスというもは、
より良いことを、より多くの人に与えたきた人が
結果的により多くの報酬を得ることだと思います。

その意味では、ゴーンさんは多くの報酬を頂いてOKなのだと思うのです。
将来的には分かりませんが・・・

そんなに稼いでいるなら被災者に寄付しろよ!
というツッコミもありますが、既にしているのではないでしょうか?

少なくとも、そんなツッコミを入れている方々よりは
稼いでいるし、その分、寄付金も大きいのではないか?
と思ってしまいます。

かつて、スマトラ地震の際には
F1ドライバーのミハエル・シュマッハーが
100万ドルを寄付していましたが、

それだけの報酬と、人間性があるからこそ、できることなのだと思います。
(彼のレースでの振舞いは賛否両論ですが・・・)

うーん。
何だかまとまりがなくなってきましたが・・・

私見の結論としては、
カルロス・ゴーン社長の報酬は妥当だと感じています。

『日産自動車のカルロス・ゴーン社長は29日、横浜市で行われた株主総会で、2010年度の報酬が9億8200万円だったことを明らかにした。上場企業に1億円以上の役員報酬の個別開示が義務付けられた昨年に続き、日本一になった公算が大きい。
 日産の好業績を背景に、ゴーン社長の報酬額は09年度の8億9100万円から大幅アップ。同年度2位だったソニーのハワード・ストリンガー会長兼社長(10年度8億6300万円)に、1億円以上の差をつけた。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

F1決着!

http://sports.yahoo.co.jp/f1/

巷では、女子バレーの快挙に沸いておりますが
sasaはサッカーに加えてF1も好きなので
こっちのネタに(^^)

近年は、テレビをほとんど見ないので
今年のF1は一度も見ていなかったのですが
さすがにワールドチャンピオン決定戦の最終戦は
ちょこっと見ました♪

結果的にはレッドブルのセバスチャン・ベッテルが
史上最年少のF1王者に輝きました!

F1は良いか悪いか、
実力以外にも資金的な面や政治的な面が絡む世界のようですが
結果的に『正義は勝つ!』的な決着に。

フェラーリのフェルナンド・アロンソが
チームメートから優勝を譲られるなど、
物議を醸したこともありましたし
 『ベッテルはウェーバーに勝利を譲るべき』
なんて声もあった中での、正々堂々実力で獲得した勝利!

F1に参戦以来、
そんなに儲かってんの!?と
日本にいるとそう突っ込みたくなるくらいお金を投資した
レッドブルもようやく報われましたね♪

トヨタは何だったのだろう・・・
レッドブルと同じか、それ以上の予算はあったはずなのですが。

きっと、
金持ち父さんのアドバイザーシリーズ
勝てるビジネスチームの作り方
的な何かがあったのでしょうね(^^)

個人的には、
来年はミハエル・シューマッハにもうちょい頑張って欲しいです♪

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

衝突!!

http://sports.yahoo.co.jp/f1/news/show/20100601-00000004-fliv-moto

F1の話です。
言わずと知れた1チーム2台のカーレースですが、
レッドブルチームが1位-2位を走行している際に
こともあろうに衝突・・・

結果、セバスチャン・ベッテルはリタイヤ、
トップを走っていたマーク・ウェーバーも3位フィニッシュで、
コンストラクターズ(チームの合計ポイントでの順位争い)でも
マクラーレンの後塵を拝することに。

sasaは動画を見ていないので、細かいことは分かりませんが、
監督は残念だろうなぁ。。。

一部の報道によると、ベッテルよりのチームが
ウェーバーを2位にさせようとしていた、との報道もあります。

んな、アホな!!
と、言いたくはなるのですが、
ミハエル・シューマッハや
アロンソ&ハミルトン
セナ&プロストの例を考えると
F1会にはかなり政治的な要素が絡むのは、周知の事実。

いずれにせよ、失態を晒してしまったレッドブル。
チーム、ドライバー、スタッフに各々の言い分はあるのだろうけど、
自分達の首を絞める出来事であったのは事実。

金持ち父さん的には、ビジネスだったら完全崩壊してる。。。
ちょうど、貧乏父さんがフランチャイズを買って、失敗したように。

もし、シーズンが終わった後に、
レッドブルがワールドタイトルをゲットしていたら
『笑い話』『良い教訓』として扱われるのだろうけど・・・

どうなるか!?
差し当たりは、次戦に注目!!

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

このページの先頭へ