大間マグロ最高値奪還、報われた地元の熱意

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120105-00001094-yom-soci

景気の良い話です。
sasaの大好きな漫画のひとつ『美味しんぼ』では
第17巻『エイと鮫』の第4話『贅沢な献立』で

キロ25000円
240kgあるから全部で600万円のマグロが登場していますが

こちらの記事によると
1キロ当たり21万円とのこと。

むぅ・・・

sasaも詳しくはないのですが
マグロそのものの市場価値としては、そこまでの値打ちはないのでは?
と思います。

最も、それは競り落とす側が一番よく認識していることでしょう。
意地というか心意気というか、宣伝効果というか・・・

ビジネスは時として、常識が通用しませんからね。
それはスポーツにも言えることですが。

このマグロの行き先が気になるところではありますが。
海原雄山的には
『値段で判断するのではなく自分の舌で判断しろ!』
と言ったところでしょうか。

何はともあれ、年始ですから景気の良い話は
そこはかとなく嬉しい気分にさせてくれます♪

『東京・築地の中央卸売市場で5日行われた初競りで史上最高値を2400万円上回る5649万円(269キロ)で競り落とされた青森・大間産の本マグロ。

 昨年、北海道・戸井産に譲った「最高値の座」を取り戻した陰には、休漁期間短縮などに取り組んだ地元の熱意があった。

 大間漁協によると、大間産は2001年に2020万円(202キロ)をつけて以来、10年まで初競り最高値の座を守ってきた。しかし、昨年の初競りで北海道・戸井産に3249万円(342キロ)の史上最高値が付き、「王座」を奪われた。

 昨年の初競りで高値がついた戸井産は、大間産と同じ漁場の津軽海峡で捕獲されたものだった。しかし、戸井産は大間漁協の正月休漁中だった1月4日に水揚げされたもので、年末の水揚げを出荷した大間産が苦杯をなめる形となった。

 昨年の雪辱に向け、漁師たちは今年の年始の休漁期間を短縮し、初出漁を例年の「1月6日」から「1月3日」に前倒し。3~4日に水揚げした鮮度の良いマグロ4本などを築地に陸送し、最高値更新に結びつけた。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

韓国の激安ビールが市場を席巻、苦悩深い国内ブランド

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111212-00000000-toyo-bus_all

最近、とある方から聞いた話です。
『韓国ビールが安く売られているらしい・・・』

調べてみたら、記事にもなっていました。

ビール好きのsasaとしては気になる話題です。

まだ味をみていないので、韓国ビールが美味しいのかは不明ですが・・・
それにしても、このままでは、かなり国内メーカーが食われそうですね。

もし、
『それならウチらも海外行って作るか!』
ってなことで、キリンやサッポロが海外に進出したら・・・
メーカーは潤って国内雇用は減少という流れになりそう。

最も、海外で作れるのかは分かりませんが。。。

関税や税制の問題もあって、すぐには解決しなさそうですが。
その間に、とりあえず一度は味をみてみようと思います。

『「今年は震災の影響もあり、初のマイナス成長になるかもしれない」(キリンビール)──。怒濤の勢いで成長してきた「第3のビール」が息切れしている。

 年明け発表予定のビール大手5社による2011年のビール類総出荷量は7年連続で過去最低更新が確実。年々販売量を拡大し、ビール類に占める割合が3割を超えた第3のビールもついに減少に転じるとの見方が出ている。

 国内メーカーが苦戦する背景にあるのが、韓国産を中心とする海外産格安ビールの台頭だ。08年ごろから国内商社と韓国メーカーが共同開発に乗り出し、09年には大手流通も相次ぎ韓国産の自主規格品(PB)販売を開始。国産品が120円(350ミリリットル缶)程度なのに対して、100円を切る韓国産が増えたことで市場に火がついた。最近では79円という激安品も登場し、低価格競争は激化している。

 さらに、11月には韓国酒類最大手ハイトジンロも参戦。韓国産を中心とした輸入品のビール類におけるシェアはすでに9%に達するが、「今年は15%まで伸びる」と業界内では見られている。

 国内では昨年来、キリンやアサヒビールが工場を相次ぎ閉鎖。対して11年のビール類輸入量は22万キロリットルに上る見込みで、中規模ビール工場の生産量に匹敵する。韓国産が伸び続ければ、国産品の販売量低迷によって国内生産の縮小が一段と加速しかねない。

 韓国産取り込みに動いたメーカーもある。サントリーは9月から韓国製の輸入販売に着手し、近畿圏限定で試験販売を開始。だが、国内メーカーは「100円以下でビール類を販売しないよう国税庁から要請がある」(ビール酒造組合の荻原義晶氏)ため、価格は100円超。WHO(世界保健機関)が安売りへの規制を求める指針を出したこともあり、価格での勝負は難しい。

■酒税改正に論点のズレ

 こうした中、国内メーカーを守ろうと民主党内では酒税見直し議論が進む。現在、ビール類は麦芽比率によって酒税が課されており、比率の低い第3のビールは酒税も安い。そこで、この酒税を引き上げ、韓国勢からも徴収する案が浮上。が、韓国産が安いのは円高や関税がないことが理由で、酒税はすでに課されているため、「本音は単に増税したいだけ」と国内メーカーは猛反発している。

 税制調査会は12年度については酒税を重点課題にしない方針。が、ビール類は酒税に消費税が課される「二重課税」も抱えており、「消費税増税があれば酒税改正の議論は避けられない」(酒税に詳しい元財務省財務総合政策研究所長の森信茂樹氏)。国内メーカーを襲う逆風は当面収まりそうにない。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

サラリーマンの小遣い月額3万6500円 バブル崩壊後最低に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110627-00000562-san-bus_all

以前、ある成功した事業家のセミナーに行った際、
『旦那のランチは1日500円なのに、
 奥さんは10万円の化粧品を使っていたりするんだぞ!』
と言っていましたが・・・

ついにランチは500円も切ったようで(>_<)
コンビニ弁当や、ホントに大丈夫?って感じの激安ランチ
(例:sasaも時々食べる500円で替え玉無料のとんこつラーメンとか
 ついポテトを食べたくなってしまう某ハンバーガーチェーンとか)
を食べるなら
弁当の方がより健康には良い気もしますが、
レトルト食品だらけ弁当では意味がないですよね。

sasaの大好きな漫画『美味しんぼ』101巻の『食の安全』でも、
お弁当を含む食に関する問題が描かれていました。

今は弁当ではないですが、
中学~高校時代は母上殿に弁当を作って頂いておりましたが
基本的に冷凍食品などは皆無で
今思えばありがたいことだなぁ、と、大変感謝しているのですが。

最盛期?には、父、兄、sasaと3つの弁当を作りつつ、
朝ごはんの用意をしつつ、洗濯をして、パートに行く、
という母上殿は、かなりの兵(つわもの)だった、と、
今更ながらに思うわけです。

とにかく、『食』については、
昨今の偽装問題~中国野菜~BSE~ユッケ etc.もあり
注目されているわけですが・・・

そんな中、7月には都合よく?お友達が『食のセミナー』を
やってくれることになりました。

ちゃんと資格も持っている方ですよ♪
正式に決まったら、ここでもお知らせしますね!

『サラリーマンの小遣いの月額平均が昨年に比べて4100円減の3万6500円となり、バブル崩壊後の最低額となったことが27日、新生銀行系ノンバンク「新生フィナンシャル」の調査で分かった。小遣いの減少は4年連続で、昼食の弁当持参や飲み代の節約など、サラリーマンの努力が続いている実態が浮き彫りとなった。

 小遣いの減少に伴って、昼食の1週間のうち「弁当持参」は1・84回となり、昨年から0・34回上昇。「購入した弁当」「社員食堂」「外食」を抑え、昨年に続きトップだった。2007年から10年までは500円台だった昼食代は490円となり、昨年から10円減った。

 また、2009年には6千円以上だった1回当たりの「飲み代」は3540円と昨年から650円減少した。

 理想の小遣い額は昨年と同額の6万1300円。ただ、実際の小遣いは減少しており、現実とは2万4800円も開いた。小遣いが足りないときは「使わずに我慢する」が60%を占め、トップだった。

 調査はインターネットを通じて4月23、24日に実施。20~50代のサラリーマン約1千人から回答を得た。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

2011年6月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:

キャビア食べられなくなる?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101119-00000535-san-bus_all

フォアグラ、トリュフと並ぶ
世界三大珍味の一つであるキャビアの話題です。

美味しんぼでも何度か登場しているキャビア(^^)

なんと、このキャビアが食べられなくなるかも!?
というニュースです。

なんでも、
 卵のキャビアを採取するチョウザメの主要生息地である
 カスピ海の沿岸5カ国が18日、
 アゼルバイジャンのバクーで開いた首脳会議で、
 チョウザメ類の捕獲を5年間禁止することで本合意した。
とのこと。

元々、数は多くないのでしょうが、
密漁による乱獲で絶滅の危機に瀕している、と。。。

どこでも、似たような問題があるのですね。

それにしても、5年間禁止とは、、、
明らかに値段が上がる、というか手に入らなくなるのでは!?

最近の日本での『近大マグロ』のように
養殖できれば良いのでしょうが
 チョウザメの養殖によるキャビア生産も進んでいるが、
 生態が不明な点が多く、養殖キャビアの量は十分ではない
と。。。

ふーむ。

密猟者は、どんな気持ちで密漁しているのでしょうかね?
もちろん、お金の為には何でもやらなければ!!!
ということはあるのでしょうが、

もし自分が殺したチョウザメが最後のチョウザメだと確認されたら・・・
何か嫌な気分にならないのですかね?

ニホンオオカミやドードーなど、
過去にも絶滅した、とされている生物がいますが、
最後の1匹を殺してしまった方がいるはずな訳で。

最も、数匹になった時点で
繁殖して数が増えるのは難しいのでしょうけど。

ビジネスの為に世界的な損失を出してしまうのであれば
本質的には良いビジネスではないと思うのですがね。。。

『“黒いダイヤ”と呼ばれ、世界三大珍味の一つであるキャビアが、食べられなくなる恐れが出てきた。ロシアのインタファクス通信によると、卵のキャビアを採取するチョウザメの主要生息地であるカスピ海の沿岸5カ国が18日、アゼルバイジャンのバクーで開いた首脳会議で、チョウザメ類の捕獲を5年間禁止することで本合意した。

[フォト] 乱獲による絶滅が危惧されるロシア産チョウザメ

 カスピ海沿岸は、キャビア生産量の約9割を占めるが、密漁による乱獲で絶滅の危機に瀕しているという。チョウザメの養殖によるキャビア生産も進んでいるが、生態が不明な点が多く、養殖キャビアの量は十分ではなく、捕獲禁止により、キャビアの価格が高騰するのは避けられない状況だ。

 禁漁で合意したのは、アゼルバイジャンのほか、ロシア、カザフスタン、トルクメニスタン、イランの5カ国。3カ月以内に禁漁に向けた向けた準備を終えるよう各国の関係省庁に指示するという。

 キャビアは、最高級の品種で1キロあたり60万円以上で取引されているという。カスピ海では乱獲で生息数が激減。チョウザメ類の一部は、ワシントン条約で国際取引が規制されている。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

ソーセージ焼き器を開発!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101119-00000587-reu-int

ベルリン発の面白い記事が♪

なんと、ドイツ人男性2人が、
誰でも完ぺきにソーセージを焼くことができる
ソーセージ焼き器を開発した、
とのこと!

何でも、
開発をしたマルコ・ブランズさん(25)と
エンジニアのフェリックス・レニースさん(28)によると、

「ドイツのブラートブルストが売られている市場へ行った時に、
 英国人は焼き方が分かっていないことに気がついた」と話し、
片面は焦げているのに
もう片面は全く焼き目がついていなかったと説明した、とのこと。

ソーセージ焼き器は、パンを焼くトースターのような形だが、
トースターではうまく焼けないため一から設計したという。
ブラートブルストを縦に入れることができる高さがあり、
差込口は丸くなっている!!!

と、言われても良く分かりませんがw

要は、英国に行ったときに、
日常の中の何気ない動作のひとつから
ビジネスチャンスを見出して、具現化した!
ということですよね。

その精神と、先見の明と、行動力が素晴らしいですよね♪
しかも、25歳と28歳・・・

「ドイツの経済技術省から表彰された2人は、
 現在この焼き器に最適なソーセージの開発に取り組んでいる。」
と、記事は結ばれています。

さすがにドイツという国名だけあって
ソーセージに目をつけやすかったのかもしれません。

日本で言ったら、
米粉でパンを焼ける『ゴパン』のような感覚でしょうか。

実際に発売されているのか、
ビジネスとして成り立っているのかは分かりませんが、
発想としては実に面白い♪

例えば、中国やインドで
彼らの何気ない動作や習慣に目をつけて
彼らを喜ばせるモノを提供できれば
きっと大きなビジネスになるのでしょうね。

先日、テレビでやっていたのですが、
優秀な社員を中国やインド、東南アジア等に送り込んで、

 『半年間仕事禁止!』

という命令を与え、
一般市民と触れ合い、文化を受け入れ、
ビジネスチャンスを探して来い!

いうことをやっているそうです。

モデルとして登場していたのは
アサヒビールでした。

元々は、韓国のサムスン(だったかな?)が始めたそうで、
それにより、海外展開の際に
現地のニーズや嗜好にあった製品・サービスを提供できる、と。

かなり面白いですし、
企業に余力がなければなかなか実行に移せないかもしれませんが、
将来を見据えた際に、良い投資になるだろうな!
と、思いました。

とはいえ、この企画、韓国の企業は20年前からやっているとか。。。

それだけではないのでしょうが、
こういう細かい努力の積み重ねが
昨今の日本企業と韓国企業の勢いの差を
表しているのかもしれませんね。

『[ベルリン 18日 ロイター] 英国を訪問した際、ポークソーセージのブラートブルストがきちんと焼けていなかったことに耐えられなかったドイツ人男性2人が、誰でも完ぺきにソーセージを焼くことができるソーセージ焼き器を開発した。

 開発をしたのはマルコ・ブランズさん(25)とエンジニアのフェリックス・レニースさん(28)。ブランズさんは、「ドイツのブラートブルストが売られている市場へ行った時に、英国人は焼き方が分かっていないことに気がついた」と話し、片面は焦げているのにもう片面は全く焼き目がついていなかったと説明した。

 ソーセージ焼き器は、パンを焼くトースターのような形だが、トースターではうまく焼けないため一から設計したという。ブラートブルストを縦に入れることができる高さがあり、差込口は丸くなっている。

 ドイツの経済技術省から表彰された2人は、現在この焼き器に最適なソーセージの開発に取り組んでいる。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

「ゴパン」発売!早くも品薄状態(>_<)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101111-00000031-maip-bus_all

本ブログでも度々取り上げてきた
 『ゴパン』
のお話です(^^)

http://richdad-lab.com/blog/?p=391
http://richdad-lab.com/blog/?p=477
http://richdad-lab.com/blog/?p=491

結論から言うと、かなり好調なようです(^^)

最近、SANYOブランドは基本的に廃止で
Panasonic に統一されてしまう、
というニュースがありましたが、

もしかしたら、SANYO最後のヒット商品になるかも?

メーカーや量販店もビックリのヒットになりそうですね♪
まさに金持ち父さんも賞賛のビジネスにw

ただ、やはり製造は中国なのですね・・・
まぁ当たり前と言えば当たり前なのですが。

そうなると、国内の景気や雇用に関する問題が
改善されることはないのでしょうかね!?

ゴパンが売れることによって、
もちろん会社は儲かりますので株主は大喜びでしょうが
社員の給料も上がるのかな?
もしくはボーナスが支給されるとか。

以前、CANONやトヨタが好調なときも
従業員の給料は上がらずに株主の配当は上がっていた
というデータもありましたが。。。

それでは、上場した意味がないじゃん!
と突っ込みたくもなりますが・・・
まぁ経営者の収入は上がっているから良いのか。

何はともあれ、三洋電機のゴパンは注目ですね♪

『三洋電機は11日、米粒からパンを作る世界初のホームベーカリー(家庭用パン焼き機)「GOPAN(ゴパン)」を発売した。当初は10月8日の予定だったが注文が殺到したため、品切れの恐れがあるとして延期していた。委託先の中国の工場ではフル稼働で生産を急いでいるが、当分の間は品薄状態が続きそう。

 「ビックカメラなんば店」(大阪市中央区)は8月末から約30件の予約注文を受け付けた。しかし、発売初日の入荷はたった2台で、手渡せる商品は展示用を除いて1台だけ。「初日に店頭販売できる商品がないなんて、経験したことがない」と驚く。同店では今後予約しても受け渡しは年明け以降になるという。三洋電機によると7月13日の発表以降、予約は約1万件以上に上っており、「大ヒット商品になるのでは」と期待する。

 ゴパンは、専用の小麦粉や米粉でなく、家庭のご飯用の米粒を原料に使えるため材料費を半額以下に抑えられたことなどから人気に火がついた。米粒を投入口から入れて、自動的にすりつぶし米粉にする。水、塩、ドライイーストなどを加えて生地を作り、約4時間で焼き上がる。店頭販売価格は5万円程度。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

イチローとカレーライス

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101111-00000306-sportiva-base

日本が世界に(・・・というかアメリカに)誇る
スポーツ選手である、イチローに関するお話です。

sasaが聞いたことがあるのは、
イチローはコンディション管理の為に、
同じスパイス調合のカレーを毎日食べている。。。

別に、大好きなわけではなく、
異なるものを食べることによる
コンディションの変化を起こさないために、
という話を聞いたことがあったのですが・・・

実は、もう食べていない、と(笑)

とはいえ、食に関するこだわりはあるようで、
「ピザは変わらないですね。
 試合前だから味が変わったりしてイライラしたくない。
 試合後の鰻弁当も一番リスクが少ないですからね。
 鰻弁当には鉄火巻とかっぱ巻を付けるんですけど、
 これもその点で安全なんです」
とのコメントも残しています。

さらに、
――同じものを食べ続けることも、一種の強さでは?
との質問には、

「それは強さと全く関係ない。
 イヤイヤ続けてたら強さですよ、
 それこそ忍耐だから。
 でも、好きで食ってるんだから」

との回答。。。

まぁ、真実はひとつなのですが。
分かっていることは、イチローが努力の人であり、
世界を舞台に大きな成果を出し続けている成功者であるということです。
ビジネスや投資でも参考になる点は多々ありますよね♪

さすがのイチローも少しずつ引退の時期が近付いているのでしょうが、
引退後も良い影響力を与える人であって欲しいですね!

『いきなりの衝撃発言だ。

「実はもう、カレー食べてないですよ。今年のシーズン中、一度も食べてない」

 イチローにはたくさんのルーティンがある。その代表的なひとつである朝カレーがなんと本人の口から覆された。それにしてもなぜこのタイミング、なのか。

「今年200安打打った後のいろんな情報番組をDVDに編集してくれた人がいて、それを観てたらある番組で『これがイチロー選手が食べているカレーです』って断言してた。それがまあ、ひっどいレシピだったんです」

――何がいったい…。

「全然違うんです。使ってる肉も調味料もそうだし、ジャガ芋だって目を疑うくらいでっかいのが入ってたりする。で、試食して『甘いですね、意外と』なんてやっちゃってる。うちのカレー、本物はめちゃくちゃ辛いんです。これじゃ視聴者に失礼じゃないか、と。だから、僕の口から言わなきゃダメだと思った」

――もうカレーは食べていない、と。

「(毎朝は)もう3年前からです。去年は(カレーの代わりに)食パンとうどん。で、今年は食パンとそうめん」

 朝カレーとともに、遠征先のランチでピザを食べることがよく知られている。同じチェーン店の同じプレーンピザ。それ以外では、試合終了が遅く、外出できない場合になじみの日本食レストランなどで鰻(うなぎ)弁当の出前を頼む。

「ピザは変わらないですね。試合前だから味が変わったりしてイライラしたくない。試合後の鰻弁当も一番リスクが少ないですからね。鰻弁当には鉄火巻とかっぱ巻を付けるんですけど、これもその点で安全なんです」

――同じものを食べ続けることも、一種の強さでは?

「それは強さと全く関係ない。イヤイヤ続けてたら強さですよ、それこそ忍耐だから。でも、好きで食ってるんだから」

 好きなものを食べ続ける。栄養士さんが聞いたらぶっ倒れそうな食習慣かもしれないが、それでいてしなやかで強靱な肉体はまったく変わらない。さまざまな体験を経て、最後に残ったのはごくシンプルな身体哲学。無駄のないものは強い。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

ボージョレ・ヌーボー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101108-00000041-mai-soci

そろそろボージョレ・ヌーボーの季節がやってきました♪

sasaは、実は飲んだことがないのですが
バブルの時は大ブームだったそうですね。。。

sasaが初めてボージョレ・ヌーボーを知ったのは、
例の如く(?)『美味しんぼ』なわけですがw
そのため、ボージョレ・ヌーボーの印象はあまり良くなく・・・

曰く、
 元々、ボージョレ・ヌーボーは、
 秋の収穫の後に
 豊作を祝って行われる
 ワイン祭りで捧げられたもの。

 それが、1960年代半ばに
 イギリス人たちが
 『誰が早く解禁日にロンドンに運び込むか!?』
 というゲームを始めてから
 急に世界中の流行になってしまった、
とのこと。

お祭り騒ぎ、
一種の遊び、
ファッションとして飲むなら
それはそれで良いのだが、

日本ではまともなレストランでも
ボージョレ・ヌーボーを勧めたり・・・

で、
ボージョレ愛好家にとっては
ボージョレ・ヌーボーを他のボージョレと
一緒にされることが嫌みたいです。

なぜなら、ボージョレ・ヌーボーは
他のボージョレとは異なった
独特の製法を用いているから・・・

それは、
異常に鮮やかな桃色じみた赤色を出すために、
ブドウの種を潰さずに短期間で発酵させたり、

鮮やかな色を固定するために、
糊状の物質を添加したり・・・

といことで、sasaは飲みたくなくなったわけですw

誤解して頂きたくないのは、
別に販売している会社を批判しているわけではない、ということです。

実際に飲みもしないで、どうのこうの言っても仕方ありませんし。
この話が掲載されている25巻は、1990年が初版ですから
改善されているかもしれません。
(個人的には、悪化することはあっても改善することはないと思いますが)

sasa個人としては、
以上のような話をしてくれた上で、
 『このボージョレ・ヌーボーは大丈夫だよ♪』
と誰かが言ってくれる日を待っているのですw

待ってないで、自分から探せばいいのに!
と、突っ込まれそうですが
sasaの価値観では自分から探してまで飲みたい!とは思わないので・・・
それならエビスビールを飲みたいです。

もし、今のボージョレ・ヌーボーも
かなり、不純で自然からかけ離れたものだとしたら
仕掛けている方々はビジネス上手ですよね・・・

ほとんど価値のないものに付加価値を乗せて、売る。
一歩間違えれば悪徳商法ですが、
その製品・サービスで顧客が満足してくれれば問題ないわけで。

実際、金持ち父さんのキャッシュフローゲームだって
2万円するのですから、価値を感じない人にとっては詐欺のような価格でしょうし。

個人的にはボージョレ・ヌーボーの喧騒からは
距離を置きますが、

ビジネスとしてみた場合は素晴らしいツールになっているなぁ、
と感心するのであります♪

『フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が18日、解禁される。一時のお祭り騒ぎのような「ボージョレ狂騒曲」は影を潜めるが、季節ものだけに、やはり気になる。今年の出来は? 15年ぶりの円高の影響は?【鈴木梢】

【ボージョレ・ヌーボー】関空に到着 ルフトハンザ機が275ケース

 ソムリエの田崎真也さんは「今年は、新酒の典型のようなみずみずしさが楽しめる年」という。09年のブルゴーニュ地方は猛暑で、ブドウが完熟してワインも凝縮した味に仕上がったが、今夏は比較的涼しく、ゆっくり成熟したという。「酸味がフレッシュで、赤い果実が持つ華やかな香りが楽しめ、冷やして飲むヌーボーにはぴったり」と田崎さんは評価する。

 イベント性が高く、景気や流行に左右されやすいヌーボー。バブル期には、時差により本場フランスより早く飲めることなどから盛り上がり、解禁日未明に成田空港に行き乾杯する人まで現れた。90年代後半の赤ワインブームも追い風となり、輸入量は04年に約939万リットルに達した。

 しかし05年以降は、輸入業者が過剰在庫を抱え、店頭には年を越しても売れ残ったボトルが並ぶように。輸入量は5年連続で減少し、09年は約450万リットルとピーク時に比べ半減した。

 だが、各社は今年を「転換の年」と見る。昨年は、輸入量こそ減ったものの、売れ行きが近年になく好調で、メルシャンは「約10日間ですべて売り切った」。「50年に1度の当たり年」と絶賛されたことが一因だった。瓶より軽量なペットボトルに詰めて空輸費をカットした低価格商品を売り出すなど、目新しさでもアピールした。

 各社とも「需要と供給のバランスがとれ、市場が適正になってきた」と口をそろえる。メルシャンは、今年の販売数量を約75万本と前年比5%増を見込む。サントリーは日本への輸入量が前年比1割増に持ち直すと予想。「一過性のブームで飲むのではなく、ワインの季節や文化を理解して飲む層がしっかり定着した」と分析する。

 円高の恩恵が気になる価格はどうか。

 商品の価格が6月ごろに決まっていることなどから、メーカーの多くは価格を前年並みに据え置く考え。サントリーは「仕入れ値や物流コストが値上がりしているが、円高もあって価格は前年並みの2300円(750ミリリットル入り)程度」としている。量販店では、イオンが一部の事前予約商品を円高還元のため100円引きの880円(同)としたほか、西友も990~1180円(同)と「円高を価格に反映させている」という。

 ワインに精通する料理評論家の山本益博さんは「ヌーボーは本来、その年のワインの出来を占うもの。ヌーボーでない、熟成された大人のボージョレの味こそ知ってほしい」と話す。とはいえ、ヌーボー解禁にはブドウの収穫祭の意味合いもある。田崎さんは、旬や新物に敏感な日本人として、新酒そのものを楽しむことを提案。今年のヌーボーと相性がいい料理として「豚肉のしゃぶしゃぶ」を提案する。鍋と新酒で深まる秋を楽しみたい。

 【ことば】ボージョレ・ヌーボー

 仏ブルゴーニュ地方南部のボージョレ地区で収穫されたガメイ種のブドウで造られた新酒の赤ワイン。解禁日は11月の第3木曜日と定められている。日本の輸入量は世界一で、全体の4割以上を占める。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

東京ラーメンショー2010!

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101103-00000005-tkwalk-ent

全国から有名・人気ラーメン店、計100店以上が参加する
「東京ラーメンショー2010」が、
駒沢オリンピック公園で本日からスタートするそうです(^^)

昨年は雨にもかかわらず
3日間で10万人も動員したとのこと!

さて、今年はいかがなんでしょうかね♪

全国17都道府県から100店舗が参加する今年は
名店のコラボ麺があるとか。

普段はなかなかそういうことはできないでしょうからね。
新横浜のラーメン博物館でもそういうことはなかったのかな?

もしかしたら、ラーメン業界も合併で再編とか!?
まぁラーメン屋もビジネスですから、それもアリですかね。。。

sasaの大好きな漫画のひとつ、美味しんぼでは
ラーメンがなかなか面白く描かれていましたよ♪
しかも、単行本だと、丸々一巻が
 『ラーメン戦争』
となっていてw

その中では、流星組というチェーン店が
狙いをつけたお店の近くに車による屋台点店をオープンし、
実力で潰していく!

そして、その狙われたお店が経営不振になると
 『傘下に入らないか?』
とお誘いし、潰れるか、傘下に入るかの選択を迫られる・・・
という、お話ヽ (´ー`)┌

組長曰く

『全然問題じゃないね。

 日本は資本主義の社会だ。
 品質の良いものが勝つ。
 これが鉄則だ!

 私達にお客を奪われるお店はラーメン作りの才能がないのだ。
 もしくは情熱と工夫に欠けている。

 まずいラーメン屋が潰れて美味しいラーメン屋が増えるのは
 お客にとってもいいし、
 我々にとっても安価にチェーン店を広げられるので
 win-winのビジネスだ!』

というようなことを言っていましたが・・・
まさに資本主義w

で、主人公達が支援したお店が
徹底抗戦するのですが、どうしてもお客さんが流れてこない・・・
このまま潰されてしまうのか!?

・・・ということで、続きは本をご覧ください(^^)

食べ物漫画ということで、
 より美味い側が勝つ!
という単純化されたビジネス設定ですが

『ラーメン屋は素人でも手が出しやすい』
という安易な気持ちでラーメンFCをしようと思っている方は
ガツン!とやられるかもしれませんね。

ラーメン屋に限らず、
ビジネスはチョチョイのチョイで儲かるわけではない、
ということですね!

『全国から有名・人気ラーメン店、計100店以上が参加する「東京ラーメンショー2010」が、いよいよ駒沢オリンピック公園(東京都世田谷区)で11月3日(祝)からスタートする。昨年は雨にもかかわらず3日間で10万人も動員したこの人気イベント、今年はよりパワーアップして帰ってくるが、注目は、何といっても名店同士のコラボ企画! 青森の“津軽らーめん”×関東の“二郎系”など、今回しか食べられない一杯がこぞって登場するのだ。

全国17都道府県から100店舗が参加する今年の“東京ラーメンショー”の味わいどころの一つが、名店のコラボ麺。例えば、煮干し系の津軽らーめんを全国に発信し続ける青森の「長尾中華そば」と、関東を中心に展開する二郎系ラーメンの「ラーメン大」が野性味あふれるコラボで参加。東北の津軽らーめんが、どのように“盛り”に定評のある二郎系に変身するのか、ファンならずとも楽しみなところだ。

もちろん、首都圏の人気店も負けてはいない。焼き石使用で“冷めないつけ麺”の「TETSU」と、フレンチ・和食の経験を持つ「四代目けいすけ」のコラボや、「江戸と博多の文化交流」をテーマに、博多トンコツスープに支那そばの要素を入れた、「田中商店」×「めん徳二代目つじ田」のコラボなど、どれも見逃せない一杯ばかり。競演を経て進化した名店の味は、必食だ!

全国人気店のオリジナルラーメンや、ラーメンショーのみのために作られた創作ラーメンも多数登場する「東京ラーメンショー2010」は、11月3日(祝)~7日(日)の5日間、駒沢オリンピック公園にて開催。ラーメン1杯どれでも750円なので、年に1度のラーメンの“食べ比べ”を楽しんでみては? 【詳細は、11月2日発売の東京ウォーカーに掲載】

※「東京ラーメンショー2010」…駒沢オリンピック公園(世田谷区駒沢公園1-1)/03-3490-3973(事務局)/10:00~20:00(最終日は~17:00)※スープ、麺がなくなり次第終了/入場無料』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

時給250万円のアルバイト?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101029-00000000-sh_mon-bus_all

いくら『金持ち父さん』が
BクワドラントやIクワドラントがいいのだ!
といっても、

こんなスーパーEクワドラントのアルバイトには惹かれますねw
果たしてどんな仕事なのか・・・

ただの宣伝じゃないの!?
と、突っ込みを入れたくもなりますが。

もっとも、俳優・女優なんかをCMで起用すると
このぐらいの値段になるのかもしれませんが・・・

『飲食店のアルバイトというと時給800~1000円程度を想像するが、なんと時給250万円という破格の待遇のアルバイトが募集された。

 世界中に進出し、8,500店舗以上を展開している宅配ピザチェーンのドミノ・ピザは、日本進出25周年記念として時給250万円のアルバイトの募集を来月に開始する。

 同社サイトによると、バイトの詳細は11月10日に発表されるとのことだが、現時点で分かっていることとして、学歴・経験は不問で、18歳以上であれば誰でもこの仕事に応募する事ができるという。書類による選考の後、面接を経て採用者を決定する。

 労働時間はたったの1時間で、「2010年12月中に1時間だけの超短期アルバイトです」と告知されている。

 ユーザーの間では、「おそらくtwitterなどの口こみによる広告効果を狙ったものでは」などの推測もあるが、実際に採用された人には非常に割の良いアルバイトになることは間違いない。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

このページの先頭へ