韓国の激安ビールが市場を席巻、苦悩深い国内ブランド

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111212-00000000-toyo-bus_all

最近、とある方から聞いた話です。
『韓国ビールが安く売られているらしい・・・』

調べてみたら、記事にもなっていました。

ビール好きのsasaとしては気になる話題です。

まだ味をみていないので、韓国ビールが美味しいのかは不明ですが・・・
それにしても、このままでは、かなり国内メーカーが食われそうですね。

もし、
『それならウチらも海外行って作るか!』
ってなことで、キリンやサッポロが海外に進出したら・・・
メーカーは潤って国内雇用は減少という流れになりそう。

最も、海外で作れるのかは分かりませんが。。。

関税や税制の問題もあって、すぐには解決しなさそうですが。
その間に、とりあえず一度は味をみてみようと思います。

『「今年は震災の影響もあり、初のマイナス成長になるかもしれない」(キリンビール)──。怒濤の勢いで成長してきた「第3のビール」が息切れしている。

 年明け発表予定のビール大手5社による2011年のビール類総出荷量は7年連続で過去最低更新が確実。年々販売量を拡大し、ビール類に占める割合が3割を超えた第3のビールもついに減少に転じるとの見方が出ている。

 国内メーカーが苦戦する背景にあるのが、韓国産を中心とする海外産格安ビールの台頭だ。08年ごろから国内商社と韓国メーカーが共同開発に乗り出し、09年には大手流通も相次ぎ韓国産の自主規格品(PB)販売を開始。国産品が120円(350ミリリットル缶)程度なのに対して、100円を切る韓国産が増えたことで市場に火がついた。最近では79円という激安品も登場し、低価格競争は激化している。

 さらに、11月には韓国酒類最大手ハイトジンロも参戦。韓国産を中心とした輸入品のビール類におけるシェアはすでに9%に達するが、「今年は15%まで伸びる」と業界内では見られている。

 国内では昨年来、キリンやアサヒビールが工場を相次ぎ閉鎖。対して11年のビール類輸入量は22万キロリットルに上る見込みで、中規模ビール工場の生産量に匹敵する。韓国産が伸び続ければ、国産品の販売量低迷によって国内生産の縮小が一段と加速しかねない。

 韓国産取り込みに動いたメーカーもある。サントリーは9月から韓国製の輸入販売に着手し、近畿圏限定で試験販売を開始。だが、国内メーカーは「100円以下でビール類を販売しないよう国税庁から要請がある」(ビール酒造組合の荻原義晶氏)ため、価格は100円超。WHO(世界保健機関)が安売りへの規制を求める指針を出したこともあり、価格での勝負は難しい。

■酒税改正に論点のズレ

 こうした中、国内メーカーを守ろうと民主党内では酒税見直し議論が進む。現在、ビール類は麦芽比率によって酒税が課されており、比率の低い第3のビールは酒税も安い。そこで、この酒税を引き上げ、韓国勢からも徴収する案が浮上。が、韓国産が安いのは円高や関税がないことが理由で、酒税はすでに課されているため、「本音は単に増税したいだけ」と国内メーカーは猛反発している。

 税制調査会は12年度については酒税を重点課題にしない方針。が、ビール類は酒税に消費税が課される「二重課税」も抱えており、「消費税増税があれば酒税改正の議論は避けられない」(酒税に詳しい元財務省財務総合政策研究所長の森信茂樹氏)。国内メーカーを襲う逆風は当面収まりそうにない。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

税務監査の時間です

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101004-00000707-yom-soci

税金のお話です。
金持ち父さんでも、不動産投資の付加価値として
『節税=キャッシュフロー』である
(利益がしっかり出れればね♪)
と言われていましたが、やりすぎの会社も多いようです。

全国の国税局・国税事務所が、
昨年6月までの1年間に赤字と申告した
企業約4万9000社を税務調査したところ、
なんと約7000社が実際は黒字だったとのこと。

「黒字転換」により、
追徴された税金は約396億円にものぼるそうです。

国税庁によると、
同期間に法人税を申告した280万5000社のうち、
黒字は29・1%、残る70・9%が赤字。
赤字申告の比率は資料が残る1967年以降で最高だったと。

まぁ、黒字転換したくてもできない会社も多い、というところでしょうか。。。
ある意味、頑張って赤字申告できる企業は良いことなのでしょうが・・・
法律の範囲内でやらなければいけませんよね(>_<)

なぜ、そんなに赤字申告したがるのか!?
赤字の場合、法人税がかからない上、
翌年以降最長7年間、利益と相殺して申告できる!

というとで、
社長の個人的な借金の返済金を費用に申告するなど
様々な企業が節税(脱税?)にチャレンジしたようです。

それにしても、脱税を考える側もよく考えますけど、
見つける側のスキルも凄いですよね。。。

よく、海外サッカー界でも脱税で訴えられる選手がいるけど、
ほとんどの場合は税理士さん任せで追徴課税のみの対応で済むことが多いです。
まぁ、サッカー選手が、そこまで税務に詳しいことはないでしょうしね。

一方で、会社の脱税なんて
どう考えても会社ぐるみで意図的にやってんだろ!
という気もするのですが・・・

企業も『節税』は合法範囲にして頂きたいですし、
税金を使う側もしっかりと国民や企業の血税だという自覚の元、
しっかりと使って頂きたいところです。

『全国の国税局・国税事務所が、昨年6月までの1年間に赤字と申告した企業約4万9000社を税務調査したところ、うち約7000社が実際は黒字だったことがわかった。

 「黒字転換」に伴い、追徴された税金は約396億円にのぼった。国税当局は「課税逃れの『仮装赤字法人』を見逃さないよう対処する」としている。

 国税庁によると、同期間に法人税を申告した280万5000社のうち、黒字は29・1%、残る70・9%が赤字。赤字申告の比率は資料が残る1967年以降で最高だった。

 赤字の場合、法人税がかからない上、翌年以降最長7年間、利益と相殺して申告できる。赤字と申告した大阪府内の不動産会社の場合、税務調査で社長の個人的な借金の返済金を、会社の土地取引費用に仮装していたことが発覚。実際には約4億1000万円の黒字と見なされ、約1億6000万円を追徴課税された。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

2010年10月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ビジネス

税務セミナー

昨日は、前々からお誘いを受けていた
sasaのお友達主催の

『税務セミナー』

に行ってきました。

講師は、元々は
Eクワドラント(サラリーマン)として働きながらも
税理士の資格を取得するべく、
頑張って勉強してきました。

が、

そこで出会ってしまったのが
『金持ち父さん貧乏父さん』。

ただ、彼は結婚もしていたしお子さんもいらっしゃったので
何の考えもなしに、無鉄砲に行動するのではなく、考える。。。

仕事とは何か?

稼ぐための仕事と、好きな仕事。。。
今の仕事は、税理士とも関係があるし、
そこまで嫌いなわけではない。。。

でも、、、

自分自身、何のために仕事をするのか!?
自分にとって、税理士の資格をとることは何なのか!?
将来的に、税理士としてバリバリ働くことが、
自分にとってどういうことなのか!?

と、色々考えた結果、出した結論が、
・もし税理士の資格を取るのなら、あと3年はかかる
・その3年間を、ビジネスや投資に回せたら
 どのくらいの資産を作れるだろうか
 (既にビジネス収入もあり、不動産も買い付けをしている方ですので)
・税理士という仕事は面白そうだし、敬意も抱いているが
 自分にとっては、金持ち父さん的に言うと
 『Sクワドラント』の税理士になるのが目標ではない
ということで、税理士の資格を取るのを断念!

それでも、金持ち父さんの言うところの
『浅く広い知識』
を得られた、とのこと。

実際、税金はコロコロと変わるものではあるものの、
基礎的な部分はキッチリ抑えておく必要がある。。。

『サラリーマンでも結構戻るよ!
 税金が戻る多いパターン ベスト10!!』

な~んて、右側のクワドラントを目指したいわけではない、
けど、お金に困るのいやだなぁ・・・
という人にとってもお得な情報が満載!!

知っている人には『当たり前』なんでしょうけど。

sasaも知らない部分は、多くてとても参考になりました。
セミナーがオープンになる際には、お知らせしますね(^^)

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

このページの先頭へ