報酬9億8200万円!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110629-00000062-jij-bus_all

景気の良い話ですね♪
日産自動車のカルロス・ゴーン社長の報酬です。

ヤフコメでは、
『9億でも10億でも文句言えないよ。
 彼がいなかったら10年前に倒産していたんだもの。』

『もっと下げて沢山のひとを雇用してほしい。』

『某電力会社の再建もお願いしたら?』

『ゴーンや役員の年俸を減らしたら、被災者から何人雇用出来ることやら。』
など、様々なコメントが飛び交っています。

個人的には、妥当な額かどうかは判別できませんが、
多くの報酬を頂いて当然の人物なのでは?と考えています。

倒産寸前の日産を立て直す原動力になったことは事実ですし、
この資本主義社会において、
ただダラダラと遊んで、楽をして、
あるいは詐欺まがい、人を騙す等のことをしたわけではなく、
自分自身の実力を発揮し、多くの人々に影響を与えてきたことに対する
見返りだと思うからです。

ビジネスというもは、
より良いことを、より多くの人に与えたきた人が
結果的により多くの報酬を得ることだと思います。

その意味では、ゴーンさんは多くの報酬を頂いてOKなのだと思うのです。
将来的には分かりませんが・・・

そんなに稼いでいるなら被災者に寄付しろよ!
というツッコミもありますが、既にしているのではないでしょうか?

少なくとも、そんなツッコミを入れている方々よりは
稼いでいるし、その分、寄付金も大きいのではないか?
と思ってしまいます。

かつて、スマトラ地震の際には
F1ドライバーのミハエル・シュマッハーが
100万ドルを寄付していましたが、

それだけの報酬と、人間性があるからこそ、できることなのだと思います。
(彼のレースでの振舞いは賛否両論ですが・・・)

うーん。
何だかまとまりがなくなってきましたが・・・

私見の結論としては、
カルロス・ゴーン社長の報酬は妥当だと感じています。

『日産自動車のカルロス・ゴーン社長は29日、横浜市で行われた株主総会で、2010年度の報酬が9億8200万円だったことを明らかにした。上場企業に1億円以上の役員報酬の個別開示が義務付けられた昨年に続き、日本一になった公算が大きい。
 日産の好業績を背景に、ゴーン社長の報酬額は09年度の8億9100万円から大幅アップ。同年度2位だったソニーのハワード・ストリンガー会長兼社長(10年度8億6300万円)に、1億円以上の差をつけた。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

続・自動車業界再編!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101118-00000405-reu-bus_all

以前にも取り上げましたが、
自動車業界再編、マツダとフォードに関するニュース。

結局、フォードはマツダの株式を一部売却することに。
前回は噂・・・というか、そういう方向性である
ということでしたが、今回は会社の発表です。

これによって、
自動車業界は大きく変わる可能性も・・・

今後の展開が注目です。

『[東京 18日 ロイター] マツダ<7261.T>は18日、米フォード・モーター<F.N>がマツダ株式を一部売却し、筆頭株主から外れると発表した。フォードが売却する株式の一部をマツダの主力取引銀行である三井住友銀行が取得する。

 フォードの保有比率(議決権数)は11.06%から3.53%に低下する。売却予定は11月25日。

 マツダは、フォードのマツダ株売却先について詳細は明らかにしていないが、一部報道では住友商事<8053.T>、伊藤忠商事<8001.T>、鹿島<1812.T>、商船三井<9104.T>、住友金属工業<5405.T>などの名前が挙がっていた。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

ホンダ「シビック」国内販売終了

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101115-00000580-san-bus_all

ちょっと残念なニュースです。
40年もの歴史のあったホンダ「シビック」が
国内販売終了へ向かう、とのこと。

これも時代の変化ですかね。。。
今朝の日経新聞にも記事がありました。

ホンダと言えばバイクでしょ!?
ホンダって四輪車、作ってたっけ!?
と言われていた時代、

ホンダの技術を世に知らしめた車のひとつ「シビック」。

北米などの海外市場では販売継続するらしいので
逆輸入車はゲットできるでしょうし、
中古でもゲットできるでしょうが、
何となく寂しい限り。

とはいえ、ホンダはアシモを作るなど
特定のモノには拘っていないのでしょうね。
(良い意味で、ですよ^^)

F1撤退のときは
 『ホンダの文化とアイデンティティーが失われたのか!?』
とも、思いましたが、
あれも見方を変えれば、
ホンダという会社を潰さないための苦肉の策なのかもしれませんね。

昨日、F1の記事を書きましたが、
そういえば昨年ワールドチャンピオンに輝いた
ブラウン(現メルセデス)は
ホンダが熟成させてきたマシンでしたしね。

まぁF1やレースは別としても、
市販者は栄枯盛衰、生者必滅、、、
流れ行く時間(とき)の中で変化を求められるのは
世の常なのでしょうが。

個人的には、バイクはホンダのFORZAですので
頑張って欲しいところ!

最近は、フィット以来、
 これぞ!
という製品がないようにも思うので、

何とか良い意味で世間を驚かせて欲しいところ。
トヨタにはチャレンジできない
『何か』をホンダには期待したいところです(^^)

『ホンダが乗用車「シビック」の国内販売を現行車で打ち切る方針であることが15日、分かった。ハイブリッド車(HV)である「シビック ハイブリッド」の国内生産を12月に打ち切り、在庫がなくなった段階で国内販売を取りやめる。北米など海外市場での販売は継続する。ホンダの四輪車事業のシンボル的な存在だったシビックだが、国内では約40年で幕を閉じる。

[フォト] 懐かしい…1972年発売の初代シビックはこんなデザインだった

 すでに4ドアセダンのスポーツ車「シビック タイプR」(2000cc)の生産は8月末で終了している。ホンダは一時、来年のモデルチェンジを機に国内での販売はHVに絞り、ガソリン車は扱わない方向で検討していた。ただ、10月に発売した「フィットHV」の販売が好調で、国内市場でシビックの販売を継続する意味が薄れていた。

 シビックの発売は1972年。日米で大ヒットし、それまでは二輪車中心のメーカーだったホンダの四輪車事業を、飛躍的に発展させる原動力となった。国内の累計販売は、ホンダの車種では最も多い約300万台に達する。ただ、最近は小型車「フィット」に人気が移り、昨年の国内販売はフィットの約15万7千台に対し、シビックは約9千台に落ち込んでいた。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

日産『フーガ』が・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101026-00000526-san-bus_all

日産がハイブリッド車として
「フーガ」を投入するようです。

sasaの記憶では、
日産はトヨタからの技術供給を受けていた気がしましたが・・・
今回のは、日産独自のハイブリッドシステムだそうです。

かつて経営危機に陥り、
そのためにカルロス・ゴーン社長のもとで、
事業の“選択と集中”が行われ、
開発が後回しになってしまった日産ハイブリッド車。

トヨタとホンダもハイブリッド車はどんどん出していますので
良い意味で競争をして
消費者に良い製品を提供してもらいたいですね♪

『日産自動車は26日、高級セダン「フーガ」のハイブリッド車(HV)「フーガハイブリッド」を11月2日から発売すると発表した。日産はHVではトヨタ自動車やホンダに出遅れていたが、巻き返しを図る。HVをめぐって、国内大手3社の三つどもえの競争が激しくなりそうだ。

 フーガHVは、1モーター2クラッチ方式という日産独自の機構を搭載。走行状態によってエンジンとモーターがそれぞれ単独、もしくは両方が作動して効率の良い走りを実現するという。リチウムイオンバッテリーを採用し、燃費は小型車並みのガソリン1リットルあたり19キロを達成した。

 価格は577万5000~630万円。自動車取得税・重量税が免税される。法人向けの販売も多いとみられ、トヨタ自動車のクラウンHVなどと競合しそうだ。

 この日の発表会で日産の志賀俊之・最高執行責任者(COO)は「日産は市場にあった最適な技術を搭載していく。燃費性能と走りの性能を両立する日産独自のシステムだ」と述べ、自信を見せた。

 日産にとって、HVはリベンジの意味合いもある。2000年に5人乗りワゴン車「ティーノHV」を国内向けに販売したが、経営危機に陥り、カルロス・ゴーン社長のもとで、事業の“選択と集中”が行われ、「HVの開発は後回しになってしまった」(日産関係者)。

 結果的にトヨタとホンダの後塵を拝すことになり、日産は07年から、トヨタにハイブリッドシステムの供与を受けて北米向けセダン「アルティマ」のHVを販売している。それだけに今回開発した独自のハイブリッドシステムは「技術の日産」(志賀COO)としての思い入れが強い。

 その一方、日産は今年12月、エコカーの本命と位置付ける電気自動車(EV)「リーフ」を発売する。今後はEVに加え、HVやクリーンディーゼル車などを市場や車種に合わせて展開する“全方位戦略”を進める構えだ。

 世界的な環境規制の強化や低燃費志向の高まりからHV市場は拡大の一途をたどっている。とりわけ、トヨタ自動車の独走が続き、1997年に世界初の量産HVとして発売した「プリウス」は米国でも支持され、累計販売台数が全世界で200万台を突破。国内の車名別新車販売でも首位を維持している。今後、ワゴンタイプなど車種も拡充する構えだ。

 HV「インサイト」ではプリウスに及ばなかったホンダも今月、小型車「フィット」のHVを売り出した。159万円という低価格化に踏み切り、トヨタの牙城の切り崩しを狙うなどHV三国志は過熱するばかりだ。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

自動車業界再編!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101016-00000030-jij-int

マツダとフォードの関係が終焉を迎えたようです。
マツダの筆頭株主を降りる見通しのようですが、
なんと1979年以降31年間続いたとのこと!

sasaの年齢よりも長いよ・・・

マツダといえば、sasa的には

『RX7』

なのですが、
その他の車も評判がいいですよね♪

トヨタやホンダに比べると印象が薄いかもしれませんが
マツダユーザーは仕方なく乗っている、
という方はほとんどいないと思います。

とはいえ、規模的に現在の情勢下で
単独でい続けることはないのでは!?

記事でも
『世界的な自動車再編に発展する可能性』
を言っています。

今後の展開が注目ですね♪

『マツダの筆頭株主の米自動車大手フォード・モーターが、保有株の大半を売却する方向で関係先と最終調整していることが16日、分かった。出資比率は現在の11%から数パーセントに下げる方向で交渉しており、1979年以降31年間続いたマツダの筆頭株主を降りる見通しだ。マツダが新たな提携先を模索すれば、世界的な自動車再編に発展する可能性が出てきた。
 両社は、売却するフォード保有株の受け皿先企業と月内に調整を完了し、11月に正式決定する運び。
 フォードは、マツダの主力取引銀行の三井住友銀行などに幅広く、出資比率で各1%程度の株式の買い取りを要請しているもよう。時価で約420億円の保有株の大半を売り、急成長する中国などの新興国で投資を拡大するとみられる。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

トヨタ プリウス

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101007-00000025-rps-bus_all

トヨタの、世界初のハイブリッド車『プリウス』のお話です。

この『プリウス』は、sasaがまだ学生の頃に、
『少年マガジン』でもその誕生秘話が漫画化されていました。

個人的には、横浜生まれの横浜育ち、はまっこですので、
トヨタよりも日産派なわけですが、
やはり『プリウス』は素晴らしいですよね!

今年は、日本ではエコカー減税の追い風もあり
売れに売れましたよね。
とても良いことだと思います。

現代社会において、
車というモノがどうしても必要不可欠になったときに、
それでも、しかしながら、排ガスという問題を
大幅に改善したという意味では
世界に、地球に対する貢献はとても大きいはず。

こういうビジネスに関わった方々は
きっと誇らしいでしょうね♪

『トヨタ自動車は7日、全世界での『プリウス』の累計販売台数が9月末までに201万2000台になり200万台を突破したと発表した。

プリウスは1997年に初代を発売。2009年に発売した新型プリウスが3代目になる。発売から14年目で200万台の大台を超えた。9月末までに世界で販売されたプリウスのCO2(二酸化炭素)排出量は、同等クラスのガソリン車にくらべ、約1100万tの排出抑制効果があったと同社は試算している。

累計販売の地域別内訳は国内が82万6900台、北米が93万9100台、欧州が20万1000台、その他地域が3万9700台だった。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

ついにトヨタが!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100928-00000584-san-bus_all

昨日の日経新聞で、初見した記事。
トヨタが、ついに軽自動車に参入するようです。

とはいっても、実際には子会社のダイハツからの
OEM(Original Equipment Manufacturer、相手先ブランド供給)
のようですが。

一足先に日産はスズキと組んでやっていますよね。
モコとかオッティとか。

つまり、車体はスズキで造り、
それを日産が買って『日産』マークをつけて
デザインを変えて、日産ブランドとして販売する、と。

スズキ側は製造台数が増えるし、
日産側も売り上げが上がるから、
お互いにwin-winのビジネスになるのでしょうかね。
(売れればね・・・)

今回のトヨタは、子会社のダイハツの車体を使うので
グループとしてはデメリットはほとんどない、ということなのでしょう。

エコカー減税があるときは、
軽自動車ではない対象車が売れていましたが
それが終わると一転してピンチ!

ということで、
加えて、軽自動車の税金の安さと燃費の良さを前面に押し出して
販売していくことになるのでしょうね。

で、
トヨタブランドとして販売していくようですが・・・
これがどうなるのか!?

高級車⇒レクサス
中級車⇒トヨタ
廉価車⇒●●
という、何かしらのブランドは作らないのですかね。

まぁ、大昔に『WILL』とかあった気がしますが
イマイチだったような。。。

やはり新たなブランドを作っていくということは、難しいのか。
レクサスは海外で成功したブランドを持ってきた訳だし、
高級車だから利益率も高いだろうし。

トヨタのことですから、
ハイブリッド軽自動車でも作るのでしょうかね!?

今後、どうなるのか、
そして、軽自動車シェアでどれくらい食い込んでいくのか注目です♪

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

日本製スポーツカーは絶滅か?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100826-00000002-sbunshun-bus_all

車の話題です。
機械工学科出身のsasaですが、
経済学部出身の実兄が、より車に詳しいですw

以前は、ある種のステータスともなっていた車、スポーツカーですが
近年は事情が変わってきているようです。

不景気や、価値観の変化、お金の使い道の多様化などで
なかなかスポーツカーで利益を上げるのが難しい。

加えて、記事の中にもありますが、
排ガス規制に対応し切れなくて、生産打ち切り!
というケースも。

そういえば、日産のシルビアもそれで消えてしまったし。。。

個人的には、ホンダが残念です。
『弊社がスポーツカーを今後一切作らないというわけではありません』
とのコメントを出していますが、
そもそものホンダの歴史、本田宗一郎がF1で勝つために会社をやっているんだ!
という夢と希望に満ち溢れたエネルギーが根本にあるからこそのホンダだと、
個人的には思っています。

だから、今回の件もそうですが、F1撤退が本当に残念。
もちろん、会社が潰れたらF1も何もないのですが、、、
会社のアイデンティティーが失われる気がしてなりません。

それも
『いつか必ずF1に戻ってきます!!』
とか力強く宣言するならまだしも、
今後の予定は未定、だなんて寂しいコメントも。。。

トヨタはより最悪でしたね。
イメージアップ(特に若者の?)の為に多額の資金を投入してF1に参戦し
少しずつ結果が出始めそうな時期に撤退。

結局、マーケティングの為だけにやっていたんだね、
と言われても仕方のない幕切れでした。

ただ、困難な挑戦をしたことに関しては、素直に拍手!!

それを考えると、やはりフェラーリは凄いですね。
主催側との癒着も指摘されることはあるものの、
低迷の時期でも『F1がフェラーリの文化だ』といわんばかりに
参戦し続けている。

正直、F1のようにお金がかかり過ぎるイベントだと仕方のない部分もありますが
企業の文化、ミッションはしっかりと押さえてビジネスをして頂きたいものです。

『車好きのお父さんには信じられない事が起きている。

「ホンダのスポーツモデル、シビックタイプRの生産が八月末で終了します。スポーツカーのイメージが強い同社ですが、本格スポーツカーS2000の生産を〇九年六月末に、NSXの生産も〇五年に終了していて、スポーツカーが完全に消えることになります」(自動車専門誌記者)

 スポーツカーの生産を打ち切るのはホンダだけではない。

「トヨタは七月末にレクサスのスポーツクーペ、SC430の生産を、マツダはロータリーエンジンを搭載したRX-8のヨーロッパ向け生産を六月に終了しました」(自動車評論家・松下宏さん)

 なぜ、続々と消える?

「国内では九月、欧州では来年一月から排ガス規制が強化されます。設計が古い車種は、この規制をクリアするのが難しい。改修しようにも、もともと販売台数が少ないスポーツカーでは、一台あたりのコストが掛かりすぎます」(自動車評論家・菰田潔さん)

 さらに、こんな事情も。

「高性能なスポーツカーほど自動車保険の掛け金が高く、若い独身層が乗るのが難しい。たとえば十八歳でスカイラインGT-Rの保険に入ると、掛け金が年間一五〇万円を超えることもあります」(前出・松下さん)

 では、国産スポーツカーは消える運命にあるのか?

「以前と比べれば車種が減るのは事実。でも国産スポーツカーがなくなることは絶対にありません。マツダ・ロードスターは順調に売れていますし、日産はフェアレディZやスカイラインGT-Rを作り続けています」(同前)

「エコカーブームだからこそ、トンがった車が欲しいと考える人が出てくる。三七五〇万円という高価格でトヨタが販売したレクサスLFAに注文が殺到したのはそのよい例です。トヨタは今後もスポーティな車の販売を予定しています」(前出・菰田さん)

 でも、ホンダからスポーツカーが消えたのは事実……。

「排ガス規制の問題もあり、たまたま端境期となっただけで、弊社がスポーツカーを今後一切作らないというわけではありません」(本田技研工業・広報部)

 さて、お父さん、今だからこそ、スポーツカーを買いますか! (岡崎博之)』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

このページの先頭へ