高木家の3カ条

http://number.bunshun.jp/articles/-/135755

高木豊(たかぎゆたか)氏の家庭の3カ条です。
 1958年10月22日、山口県生まれ。
 中央大学から’81年に大洋(のち横浜ベイスターズ)に入団。
 ’83年から4年連続で打率3割を記録、
 ’84年には56盗塁で盗塁王を獲得。
 ’85年には加藤博一、屋鋪要と「スーパーカートリオ」を結成し、
 一時代を築く。
 日本ハムを経て’94年に引退。
 現在は野球解説者として活躍するがサッカーにも造詣が深い。

ということですが、
若い人?にとって、かつサッカーファンにとっては
高木3兄弟のお父様、という感じかもしれません。

清水に所属する長男・俊幸(20)、
東京Vに所属する次男・善朗(18)、
(6月20日にオランダ・ユトレヒトへの移籍が発表)
東京Vユースに所属する三男・大輔(15)。
3兄弟とも、世代別日本代表に選出されるほどの有望株です。

ぶっちゃけ、numberの記事は
読むだけ時間の無駄だった!と思うこともあるのですが、
本コラムは個人的には良かったのです。

「俊幸は幼い頃、パワーを持て余していたから、何か運動をさせてあげたかった。でも人間って強制されるのが嫌じゃない。だから子供たちの興味を示すものから始めて、複数のスポーツをこなした結果、一番興味を持ったのがサッカーだった」

周囲からは「せっかく本人が野球を始めたのにもったいない」という声も出た。しかし、豊はこう反論する。

「確かに息子が野球をやれば、自分のテリトリーの中に置ける安心感はあったでしょうね。でもそれは単なる親のエゴ。自分の好きなことを、得意な分野で伸ばしてあげたほうがいいでしょ。そのほうが『好きこそものの上手なれ』で努力をしますよね」

「選択肢を親が決める人生ほどつまらない人生はない。だから決定権はすべて子供たちに与えた。自分で責任と決定を下す意思を持てるようにしないといけない。親が決めると、子供の芽を摘んでいくことになると思う」

心の広い親ですよね。。。
自分が野球という分野で一流だったのだから、
普通はそれを勧めてしまうと思うのですが。

スポーツに限らず、
医者の子供は医者、
政治家の子供は政治家、
などなど、どんな世界にも世襲は多いですよね。

しかも、子供が望む望まないに関わらず、
親の望む方向に半強制的に誘導されるケースは多く、
結果的に大成しないこともあるのですが・・・

『高木家はよく家族会議をする。全員で行なうこともあれば、個別の時もある。子供たちが何を考え、何を目標にしているか。そしてどうしようとしているのかを把握するためだ。

「俺が子供たちをプロにしたかったわけではないし、決して強制はしなかった。ただ、夢はずっと聞いてきた。今何になりたいのか、そのためには何をすべきかを、常に投げかけていきました。疑問をぶつけると、子供は言い訳をするんです。例えば『自分だけマークがついている』と言えば『それくらいかわせなかったら、プロではとても無理だ』って返す。言い訳には必ず腰を折って来た。ただ、逃げ道は作るよ。人間って高い目標を持っていると、要求を出してもそれに応えようとする。そこが逃げ道なんです。結局、逃げ道はサボることではなく、進んでいくこと」』

逃げ道、、、それはサボることではなく、進んでいくこと。

人間って高い目標を持っていると、
要求を出してもそれに応えようとする、、、そこが逃げ道。

そんな風に『逃げ道』へ導いてくれる親はなかなかいないのではないでしょうか!?

最近は、サッカーの試合をあまり見なくなってしまったので、
高木3兄弟のプレーぶりは分かりませんが、
3人とも年代別の日本代表になっていること、
次男はオランダのユトレヒトに移籍も決まりましたし、
良いプレーヤーなのでしょうね。

高木豊氏が一流なのは野球だけではなく、
その人間性も、親としても一流なのだな!と思いました。

高木家の3カ条
(1)表情、言葉、目で本気度を見極める。
(2)決定権はすべて子供に与える。
(3)夢を聞き、何をすべきかを問いかける。

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

2011年6月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:サッカー

報酬9億8200万円!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110629-00000062-jij-bus_all

景気の良い話ですね♪
日産自動車のカルロス・ゴーン社長の報酬です。

ヤフコメでは、
『9億でも10億でも文句言えないよ。
 彼がいなかったら10年前に倒産していたんだもの。』

『もっと下げて沢山のひとを雇用してほしい。』

『某電力会社の再建もお願いしたら?』

『ゴーンや役員の年俸を減らしたら、被災者から何人雇用出来ることやら。』
など、様々なコメントが飛び交っています。

個人的には、妥当な額かどうかは判別できませんが、
多くの報酬を頂いて当然の人物なのでは?と考えています。

倒産寸前の日産を立て直す原動力になったことは事実ですし、
この資本主義社会において、
ただダラダラと遊んで、楽をして、
あるいは詐欺まがい、人を騙す等のことをしたわけではなく、
自分自身の実力を発揮し、多くの人々に影響を与えてきたことに対する
見返りだと思うからです。

ビジネスというもは、
より良いことを、より多くの人に与えたきた人が
結果的により多くの報酬を得ることだと思います。

その意味では、ゴーンさんは多くの報酬を頂いてOKなのだと思うのです。
将来的には分かりませんが・・・

そんなに稼いでいるなら被災者に寄付しろよ!
というツッコミもありますが、既にしているのではないでしょうか?

少なくとも、そんなツッコミを入れている方々よりは
稼いでいるし、その分、寄付金も大きいのではないか?
と思ってしまいます。

かつて、スマトラ地震の際には
F1ドライバーのミハエル・シュマッハーが
100万ドルを寄付していましたが、

それだけの報酬と、人間性があるからこそ、できることなのだと思います。
(彼のレースでの振舞いは賛否両論ですが・・・)

うーん。
何だかまとまりがなくなってきましたが・・・

私見の結論としては、
カルロス・ゴーン社長の報酬は妥当だと感じています。

『日産自動車のカルロス・ゴーン社長は29日、横浜市で行われた株主総会で、2010年度の報酬が9億8200万円だったことを明らかにした。上場企業に1億円以上の役員報酬の個別開示が義務付けられた昨年に続き、日本一になった公算が大きい。
 日産の好業績を背景に、ゴーン社長の報酬額は09年度の8億9100万円から大幅アップ。同年度2位だったソニーのハワード・ストリンガー会長兼社長(10年度8億6300万円)に、1億円以上の差をつけた。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

年収300万円が境目=男性の既婚率-11年版白書

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201106/2011061700144

未婚の方には気になるニュース・・・

近年、結婚できない大きな理由のひとつが
 『経済』
と言われていますが、それを裏付けるデータ。

まぁ、当たり前といえば当たり前の現象なのですが、
それにしても驚きなのが給料の下落っぷり。

以前、sasaがお会いした独立系の優秀なプログラマー
(年収がギリギリ1000万円いかないように調整しているクラスの人)

『初任給いくらくらいなの?』
と聞かれ、
『20万円くらいっす。ちなみにsasaは院卒です。』
と答えたら

『えぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!???』

と、めっちゃ驚かれました。
そんなに少ないんですかぁ!?と。

sasaの価値観としては、
『いや、近年はそれくらいっしょ!?
 バブル期は知らんけど・・・』
って感じでしたが。。。

本日、ある成功されている方が
『それ(=年収300万円)が当たり前になるのが恐ろしい』
とお話されていましたが、まさにその通りですよね。

なんだかんだで、この資本主義(一応)社会の日本では
経済は大きな役割を占めていますし
多くの人にとっては他人事では済まされない問題。

sasaもサラリーマン時代から
副業や投資をやっていましたが(勿論、会社には内緒で)
今はそうしないとやってられない時代なんだなぁ、と改めて実感した記事でした。

『政府は17日午前の閣議で、2011年版の「子ども・子育て白書」を決定した。男性の既婚率は所得が増えるに従って上昇する傾向があり、特に「年収300万円を境に大きな差がみられる」と分析。また、非正規労働者の既婚率は正社員の半分程度にとどまるとして、少子化対策には就労支援が不可欠と指摘した。
 白書は、内閣府による11年の調査で、20~30歳代男性の既婚率が年収300万円未満で8~10%、300万円以上では25~40%となったことを紹介。一方、過去の厚生労働省のデータを基に30~34歳男性の雇用形態と既婚率の関係を調べたところ、非正規労働者は30.2%、正社員は59.6%と倍近い差がみられた。
 30歳代の子育て世代の所得は、1997年調査では年収500万~699万円の層が最も多かったが、07年は300万円台が最多となった。白書は「この10年間で低所得層にシフトした」とし、非正規労働者の待遇向上やフリーターの就労促進に向けた取り組みの必要性を強調した。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

2011年6月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:金持ち父さん

サラリーマンの小遣い月額3万6500円 バブル崩壊後最低に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110627-00000562-san-bus_all

以前、ある成功した事業家のセミナーに行った際、
『旦那のランチは1日500円なのに、
 奥さんは10万円の化粧品を使っていたりするんだぞ!』
と言っていましたが・・・

ついにランチは500円も切ったようで(>_<)
コンビニ弁当や、ホントに大丈夫?って感じの激安ランチ
(例:sasaも時々食べる500円で替え玉無料のとんこつラーメンとか
 ついポテトを食べたくなってしまう某ハンバーガーチェーンとか)
を食べるなら
弁当の方がより健康には良い気もしますが、
レトルト食品だらけ弁当では意味がないですよね。

sasaの大好きな漫画『美味しんぼ』101巻の『食の安全』でも、
お弁当を含む食に関する問題が描かれていました。

今は弁当ではないですが、
中学~高校時代は母上殿に弁当を作って頂いておりましたが
基本的に冷凍食品などは皆無で
今思えばありがたいことだなぁ、と、大変感謝しているのですが。

最盛期?には、父、兄、sasaと3つの弁当を作りつつ、
朝ごはんの用意をしつつ、洗濯をして、パートに行く、
という母上殿は、かなりの兵(つわもの)だった、と、
今更ながらに思うわけです。

とにかく、『食』については、
昨今の偽装問題~中国野菜~BSE~ユッケ etc.もあり
注目されているわけですが・・・

そんな中、7月には都合よく?お友達が『食のセミナー』を
やってくれることになりました。

ちゃんと資格も持っている方ですよ♪
正式に決まったら、ここでもお知らせしますね!

『サラリーマンの小遣いの月額平均が昨年に比べて4100円減の3万6500円となり、バブル崩壊後の最低額となったことが27日、新生銀行系ノンバンク「新生フィナンシャル」の調査で分かった。小遣いの減少は4年連続で、昼食の弁当持参や飲み代の節約など、サラリーマンの努力が続いている実態が浮き彫りとなった。

 小遣いの減少に伴って、昼食の1週間のうち「弁当持参」は1・84回となり、昨年から0・34回上昇。「購入した弁当」「社員食堂」「外食」を抑え、昨年に続きトップだった。2007年から10年までは500円台だった昼食代は490円となり、昨年から10円減った。

 また、2009年には6千円以上だった1回当たりの「飲み代」は3540円と昨年から650円減少した。

 理想の小遣い額は昨年と同額の6万1300円。ただ、実際の小遣いは減少しており、現実とは2万4800円も開いた。小遣いが足りないときは「使わずに我慢する」が60%を占め、トップだった。

 調査はインターネットを通じて4月23、24日に実施。20~50代のサラリーマン約1千人から回答を得た。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

2011年6月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:

このページの先頭へ