起業家の仕事は、ビジネスや従業員が存在する前に始まる

金持ち父さんの起業する前に読む本より
http://richdad-lab.com/shoukai/kigyou.html
p43
「起業家の仕事は、ビジネスや従業員が存在する前に始まる。
つまり、将来大きく成長し、たくさんの人を雇い、
顧客に付加価値のある商品を提供し、会社としての責任を果たし、
そのビジネスのために働く全ての人を豊かにし、社会に利益を還元し、
そして最終的には起業家本人を必要としなくなるような
ビジネスの計画を立てるのが起業家の仕事だ。
起業家はビジネスを始める『前に』、
そういったことが可能なビジネスの計画を
自分の頭の中で組み立てる。
金持ち父さんに言わせると、これこそが真の起業家の仕事だ。」
このフレーズから二つのことを学びました。
一つは、計画することの大切さ。
これがないことが、10年以内に99/100が潰れるという原因の一つですね。
二つめは、逆説的ですが、ビジネスや従業員が存在する前に始めること。
つまり、まずやってみる、ということ。
本の中では
『飛行機から飛び降りて、それからパラシュートを組み立てるようなもの』
と書いていましたが、そこに至らない方々が多く見受けられます。
そういう方々を拝見する度に、人間は言い訳の天才だ、と思うわけですが。
(特に男はw)
そう人が悪いわけではないのですが、
たちの悪い輩もいます。
『時間がない』
『お金がない』
『勇気がない』
『タイミングが悪い』
『もっとスキルを磨いてから』
『子供が小さいので、大きくなったら』
『嫌われるのが怖いから』
といった理由で行動しない。
そこまではいいのです。
結果的に、自分はEクワドラントが合っている、Sクワドラントが合っている。
そう気がついたのなら、それは幸せなことです。
余計な労力や悩みがなくなるわけですから。
問題は、彼らの1部はそれにも関わらず
『いつかはお金持ちになって、
経済的&時間的自由を手にしたい』
と思っています。それを口にします。
そして上手くいかないと、
上手くいっている人間を妬み、憎しみ、足を引っ張ろうとする。。。
自分自身の責任において、BクワドラントやIクワドラントに行くことを放棄し
Eクワドラントで生きていくことを決めながら、
ラッキーで右側に行けることを期待している。
何も行動をしていない怠け者にラッキーなんて起こるはずがないのに。
ここまで、ダメな人間は少ないでしょうが
実は、自分自身の中にもそんな心が潜んでいるのでは!?
と思うことがあります。
上手くいかないと、少なからずラッキーを期待していたり、
憧れではなく妬みになりかけていたり。。。
そんな状況を打破するには、やはり『チーム』が大切だと思います。
独りではなかなか気がつけないことも、客観的に見たら気がつきます。
良い意味で、言いたいことを言い合える仲間が本当に大切ですね♪
金持ち父さん研究室 ささ
⇒http://richdad-lab.com/
金持ち父さん研究室 携帯版
⇒http://katy.jp/richdad-lab/
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖
⇒http://cfg-lab.com/

金持ち父さんの起業する前に読む本より

http://richdad-lab.com/shoukai/kigyou.html

p43

「起業家の仕事は、ビジネスや従業員が存在する前に始まる。

つまり、将来大きく成長し、たくさんの人を雇い、

顧客に付加価値のある商品を提供し、会社としての責任を果たし、

そのビジネスのために働く全ての人を豊かにし、社会に利益を還元し、

そして最終的には起業家本人を必要としなくなるような

ビジネスの計画を立てるのが起業家の仕事だ。

起業家はビジネスを始める『前に』、

そういったことが可能なビジネスの計画を

自分の頭の中で組み立てる。

金持ち父さんに言わせると、これこそが真の起業家の仕事だ。」

このフレーズから二つのことを学びました。

一つは、計画することの大切さ。

これがないことが、10年以内に99/100が潰れるという原因の一つですね。

二つめは、逆説的ですが、ビジネスや従業員が存在する前に始めること。

つまり、まずやってみる、ということ。

本の中では

『飛行機から飛び降りて、それからパラシュートを組み立てるようなもの』

と書いていましたが、そこに至らない方々が多く見受けられます。

そういう方々を拝見する度に、人間は言い訳の天才だ、と思うわけですが。

(特に男はw)

そう人が悪いわけではないのですが、

たちの悪い輩もいます。

『時間がない』

『お金がない』

『勇気がない』

『タイミングが悪い』

『もっとスキルを磨いてから』

『子供が小さいので、大きくなったら』

『嫌われるのが怖いから』

といった理由で行動しない。

そこまではいいのです。

結果的に、自分はEクワドラントが合っている、Sクワドラントが合っている。

そう気がついたのなら、それは幸せなことです。

余計な労力や悩みがなくなるわけですから。

問題は、彼らの1部はそれにも関わらず

『いつかはお金持ちになって、

経済的&時間的自由を手にしたい』

と思っています。それを口にします。

そして上手くいかないと、

上手くいっている人間を妬み、憎しみ、足を引っ張ろうとする。。。

自分自身の責任において、BクワドラントやIクワドラントに行くことを放棄し

Eクワドラントで生きていくことを決めながら、

ラッキーで右側に行けることを期待している。

何も行動をしていない怠け者にラッキーなんて起こるはずがないのに。

ここまで、ダメな人間は少ないでしょうが

実は、自分自身の中にもそんな心が潜んでいるのでは!?

と思うことがあります。

上手くいかないと、少なからずラッキーを期待していたり、

憧れではなく妬みになりかけていたり。。。

そんな状況を打破するには、やはり『チーム』が大切だと思います。

独りではなかなか気がつけないことも、客観的に見たら気がつきます。

良い意味で、言いたいことを言い合える仲間が本当に大切ですね♪

金持ち父さん研究室 ささ

http://richdad-lab.com/

金持ち父さん研究室 携帯版

http://katy.jp/richdad-lab/

金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

http://cfg-lab.com/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ