失敗し続けている状況から抜け出すためには?

金持ち父さんの起業する前に読む本より
http://richdad-lab.com/shoukai/kigyou.html
p136~ のエピソード
ロバート・キヨサキがベトナム戦争から帰還し
本格的にお金持ちの世界(Bクワドラント&Iクワドラント)
を目指すことを決心し、
金持ち父さんのアドバイスに従って
セールスの仕事をすることになる。
そこで、彼が選んだのがゼロックス社だったのだが
最初の二年間は最悪な成績を繰り返し
クビになりそうになった。
窮地に立たされたロバート・キヨサキは
どうしたら、この状況から脱出できるのか?
と、金持ち父さんに相談する。
「金持ち父さんはまた笑い、こう言った。
『失敗し続けている状態をとめる方法は、
失敗する速度をもっと早くすることだよ』
(中略)
『君は今、学習プロセスの途中にいる。
このプロセスを通り抜けるには、失敗をたくさん犯して、
その失敗から学ばなくてはいけない。
より早く失敗を犯せば、
より早くプロセスを通過して向こう側に着くことができる。
あるいは、ここでやめてしまうこともできるよ。
そうすれば、プロセスが君を吐き出す』
うーむ。
何とも、厳しいお言葉(苦笑
本質は突いていますけどね。。。
結果的に、
ロバート・キヨサキはゼロックスの仕事を続けながら
夜、皆が遊んでいるときに、
とある慈善団体のボランティアスタッフとして
寄付を募る電話をかけまくるようになる。
当然、失敗する(断られる)回数も激増するが
だんだんと、成功することも増えてくる。
と、
あら不思議!!
ゼロックスでも売り上げが伸びていき
トップセールスマンとなるのです♪
そこからパートタイムで、財布ビジネスを立ち上げ
独立起業⇒ミリオネア⇒倒産、、、
となっていくわけですが。
そういえば、付加価値(?)として、ここで身につけた
セールス&コミュニケーションスキルによって
奥さんと結婚できた、と別の本で書いてましたが(笑
言うは易し行うは難し、ということでしょうか。
確かに、失敗の速度を上げていけば
成功する日も近づいてくるでしょうが
大きな痛みを伴う故、
なかなか難しいのが本音なのではないでしょうか?
そこで重要になるのが
『何のために!?』
という目的なのでしょうね。
最近、知り合いから
新たな目標設定の方法論みたいなことを聞きましたが
それの本を読んでいたら、銀行員のお姉さんが知ってましたよ。
その本の人を(笑
ま、それは置いといて。。。
もう一つポイントになるのが
もちろん、量をこなすことは大前提として
質も上げていく必要があるということです。
もし、野球で『カーブ』を投げようと思ったら
山篭りで独り黙々と特訓を行うよりも
優秀なコーチ、実際にカーブを投げられる人に
教わるのが早いですよね!?
それが『ツボとコツ』。
どうやら、セールス&コミュニケーションにも
『ツボとコツ』があるようなのです。
その、一見『才能』や『感性』として
片付けられてしまう『ツボとコツ』を
テクノロジー化している男がいるのですよ!!
それが、この人↓↓↓
http://richdad-lab.com/skillhunter/kuwahara100424.html
この人が作ったテクノロジーには、ひとつ伝説があり、
とある大学で、そのテクノロジーを学ぶサークルが立ち上がったそうなのです。
(もちろん、学校非公認です)
彼らは、
『これらからの時代はコミュニケーションだ!』
ということで、来る日も来る日もトレーニングに明け暮れました。
その結果、、、
就職活動で面接までいった人は100%合格したそうなのです!!
凄くないですか!?
さらに、、、
そのサークルに入る前は
彼氏 or 彼女がいなかった学生さんは、
卒業までに100%彼氏彼女ができたそうなのです!!
ロバート・キヨサキと同じ使い方をしているぅ(笑
まぁ、そんな講演会ですヽ (´ー`)┌
http://richdad-lab.com/skillhunter/kuwahara100424.html
いや、マジメな話もあると思いますけどね。。。
金持ち父さん研究室 ささ
⇒http://richdad-lab.com/
金持ち父さん研究室 携帯版
⇒http://katy.jp/richdad-lab/
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖
⇒http://cfg-lab.com/

金持ち父さんの起業する前に読む本より

http://richdad-lab.com/shoukai/kigyou.html

p136~ のエピソード

ロバート・キヨサキがベトナム戦争から帰還し

本格的にお金持ちの世界(Bクワドラント&Iクワドラント)

を目指すことを決心し、

金持ち父さんのアドバイスに従って

セールスの仕事をすることになる。

そこで、彼が選んだのがゼロックス社だったのだが

最初の二年間は最悪な成績を繰り返し

クビになりそうになった。

窮地に立たされたロバート・キヨサキは

どうしたら、この状況から脱出できるのか?

と、金持ち父さんに相談する。

「金持ち父さんはまた笑い、こう言った。

『失敗し続けている状態をとめる方法は、

失敗する速度をもっと早くすることだよ』

(中略)

『君は今、学習プロセスの途中にいる。

このプロセスを通り抜けるには、失敗をたくさん犯して、

その失敗から学ばなくてはいけない。

より早く失敗を犯せば、

より早くプロセスを通過して向こう側に着くことができる。

あるいは、ここでやめてしまうこともできるよ。

そうすれば、プロセスが君を吐き出す』

うーむ。

何とも、厳しいお言葉(苦笑

本質は突いていますけどね。。。

結果的に、

ロバート・キヨサキはゼロックスの仕事を続けながら

夜、皆が遊んでいるときに、

とある慈善団体のボランティアスタッフとして

寄付を募る電話をかけまくるようになる。

当然、失敗する(断られる)回数も激増するが

だんだんと、成功することも増えてくる。

と、

あら不思議!!

ゼロックスでも売り上げが伸びていき

トップセールスマンとなるのです♪

そこからパートタイムで、財布ビジネスを立ち上げ

独立起業⇒ミリオネア⇒倒産、、、

となっていくわけですが。

そういえば、付加価値(?)として、ここで身につけた

セールス&コミュニケーションスキルによって

奥さんと結婚できた、と別の本で書いてましたが(笑

言うは易し行うは難し、ということでしょうか。

確かに、失敗の速度を上げていけば

成功する日も近づいてくるでしょうが

大きな痛みを伴う故、

なかなか難しいのが本音なのではないでしょうか?

そこで重要になるのが

『何のために!?』

という目的なのでしょうね。

最近、知り合いから

新たな目標設定の方法論みたいなことを聞きましたが

それの本を読んでいたら、銀行員のお姉さんが知ってましたよ。

その本の人を(笑

ま、それは置いといて。。。

もう一つポイントになるのが

もちろん、量をこなすことは大前提として

質も上げていく必要があるということです。

もし、野球で『カーブ』を投げようと思ったら

山篭りで独り黙々と特訓を行うよりも

優秀なコーチ、実際にカーブを投げられる人に

教わるのが早いですよね!?

それが『ツボとコツ』。

どうやら、セールス&コミュニケーションにも

『ツボとコツ』があるようなのです。

その、一見『才能』や『感性』として

片付けられてしまう『ツボとコツ』を

テクノロジー化している男がいるのですよ!!

それが、この人↓↓↓

http://richdad-lab.com/skillhunter/kuwahara100424.html

この人が作ったテクノロジーには、ひとつ伝説があり、

とある大学で、そのテクノロジーを学ぶサークルが立ち上がったそうなのです。

(もちろん、学校非公認です)

彼らは、

『これらからの時代はコミュニケーションだ!』

ということで、来る日も来る日もトレーニングに明け暮れました。

その結果、、、

就職活動で面接までいった人は100%合格したそうなのです!!

凄くないですか!?

さらに、、、

そのサークルに入る前は

彼氏 or 彼女がいなかった学生さんは、

卒業までに100%彼氏彼女ができたそうなのです!!

ロバート・キヨサキと同じ使い方をしているぅ(笑

まぁ、そんな講演会ですヽ (´ー`)┌

http://richdad-lab.com/skillhunter/kuwahara100424.html

いや、マジメな話もあると思いますけどね。。。

金持ち父さん研究室 ささ

http://richdad-lab.com/

金持ち父さん研究室 携帯版

http://katy.jp/richdad-lab/

金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

http://cfg-lab.com/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ