間違いに対する見解

金持ち父さんの起業する前に読む本より
http://richdad-lab.com/shoukai/kigyou.html

p79

「貧乏父さんは何か間違いを犯すとよく、
 間違いなど犯していないというふりをしたり、
 間違いを犯したことを認めなかったり、
 他の人のせいにしたりした。
 (中略)
 私が思うに、
 間違いに関するその人の姿勢が、
 人生で最終的に成功を収めるかどうかを
 決定する。」

これは、少なからず
誰にとっても耳の痛い話なのではないでしょうか?
ついつい、知ったかぶり的なことをしてしまうものですよね。。。

金持ち父さん曰く
既存の学校教育では
間違いを犯すことが悪いことで、
その人の頭が悪いとか、
知性の面で問題があるとか、
そういう風潮にある。

教育界のど真ん中にいた貧乏父さんは
もろにその影響を受けた、ということでしょうか。

日本でも、子供が犯す間違いに対して
血相を変えて注意する親もいますが、、、
どうなんでしょうかね?

もちろん、言うべき場面もあるでしょうが
行き過ぎじゃね?
と思うケースも見受けられます。

ま、人の親になっていない身としては
ごちゃごちゃ言えませんが。。。

間違いをしたときは、
確かに1時的には凹んだり恥ずかしかったりしますが
それをプラスに変えていかないとですね^^

『閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて
 きっときっとって 君を動かしている
 いいことばかりではない無いさ でも次の扉をノックしよう
 もっと素晴らしいはずの自分を探して

 胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に変わるように
 いつも今日だって僕らは動いている
 嫌なことばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう
 もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅
 終わりなき旅』

Mr.Children『終わりなき旅』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ