電子書籍の威力

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100720-00000508-san-int

アメリカの超有力企業アマゾンの記事です。
amazon.comはsasaも大変お世話になっております(^^)

『米アマゾンは19日、
 同社がダウンロード販売している電子書籍の過去3カ月間の販売数が、
 初めてハードカバーの単行本の通信販売を上回ったと発表した。
 同社の電子書籍端末「キンドル」のほか、
 米アップルの「iPad(アイパッド)」の参入などによる
 「電子書籍元年」の活況ぶりが裏付けられたかたちだ。』

 『アマゾンの発表によると、過去3カ月の間、
 通信販売によるハードカバー100冊あたりの電子書籍販売数は143冊。
 過去1カ月に絞ると、
 ハードカバー100冊あたり電子書籍180冊にはね上がるという。』

 『「キンドル」自体も大幅な値下げの結果、
 好調に売り上げを伸ばしており、
 同社のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は
 「キンドルはひとつのジャンルとしての地位を確保した。
 取り扱いを初めてわずか33カ月しかたっていない電子書籍が、
 過去15年にわたって販売してきたハードカバーを上回ったのは驚きだ」
 と述べた。』

時代は変わるものですよねぇ。。。
sasaは、まだ電子書籍を読んだことがないのですが
読みやすさが紙と変わらなかったらメリットは大きいですよね♪

重要なところに線を引いたり、書き込んだり、
ページの端を折ったりはできるのでしょうかね?

以前、パソコンが登場した際には
『これで紙の使用量が節減できる!』
と言われたそうですが、結果はご存知の通り。
むしろ、増えましたよね(^^;

今回の電子書籍はどうなるのでしょう!?
このまま普及すれば紙の使用量が減るのか!?

もし減ったとしても電気を使うわけですから
トータルの資源という意味では、どちらが良いのか!?

いずれにせよ、アマゾンが取り扱う電子書籍はキンドルのほか、
iPadでも読むことができる、とのことですので
ますます広がっていくことでしょう。

金持ち父さんも電子版で再登場したりするんですかね(^^)

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ