共同購入時代!

キャッシュフローゲーム202でも
土地の共同所有ができますが、
最近は、色々なもので共同購入ができるようになっているようです。

そのひとつがネットプライス。
http://www.netprice.co.jp/

家電や生活雑貨など、
様々なものを買う人を募り、
株式会社ネットプライスが安値で大量発注!

それを、注文をした個人にお配りするシステムです。

個人は、欲しいものを安値で買える。
メーカーは、大量な数を売れる。
売り上げが大幅に上がるので、ちょっと割引できる。
で、このシステムを管理するネットプライスも儲かる。

まさに三者にとってメリットのあるビジネスですね!

仕組みや考え方はこちらに記載があります(^^)
http://www.netprice.co.jp/introduce/

もうひとつ共同購入ができるのが
きゅーぽん。
http://qpon.jp/

こちらは、なんとクーポンの共同購入!
飲食店が発行するクーポンを共同購入するシステムで、
ネットプライスに似ています。

で、
人数が決まっており、
例えば50人集まれば、80%OFFで食べられますよ、
でも、集まらなかったら残念ながら中止(>_<)

というシステム。

申し込み時に支払いの義務はないので
消費者側にとっては金銭的リスクはありません。
最悪、中止になるだけですので。

ただ、それでは店側は損するじゃん!
と思ったのですが、、、

それはそれで構わない、とのこと。

なぜならば、
『今度この店でこんな企画があるよ』
ということが、ツイッター、mixi、アメブロ等で
口コミがあれば、それ自体が宣伝になるので元が取れるとのこと!
なるほどねぇ!

よく考えますよね(^^)

ネットプライスもきゅーぽんも、
いわば仲介役で、自らが製造・販売しているわけではありません。

それにも関わらず、ビジネスとして成り立っている。。。
これが、より認知されるようになれば、
例えばサイトでの広告収入も跳ね上がることでしょう。

特許面で、真似されないのかどうかは分かりませんが
莫大な資本を必要とせずに
Bクワドラントにアクセスできるビジネスモデルだと感じました。

金持ち父さんも言うとおり
うまく頭を使うことによって、新たなビジネスチャンスが生まれてくるのですね(^^)

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ