食料自給率

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100810-00000024-mai-bus_all

『山田正彦農相は10日の閣議後会見で、
 09年度の食料自給率(カロリーベース)が40%となり、
 08年度から1ポイント低下したと発表した。

 3年ぶりの低下で、自給率40%という水準は07年度以来となる。
 輸入小麦の値下がりなどを背景に、
 消費がコメから小麦にシフトしたうえ、
 国産小麦が不作だったことも影響し、自給率低下につながった。

 政府は今年3月に閣議決定した
 「食料・農業・農村基本計画」
 で食料自給率を20年度までに
 50%に上げる目標を掲げたが、
 達成が一歩遠のいた形。』

本ブログでも時々書いている食料自給率の問題です。
あと10年で50%にまで引き上げるとのことですが・・・
それでも50%ですもんね(>_<)

まぁ、ある意味、
金持ち父さんのビーアイトライアングル的には
長所を生かして、それぞれの国が貢献しあっていけば
良いのかもしれませんが。

『農林水産省によると、
 09年度は国民1人当たりの年間コメ消費量が
 58.5キロと、前年度より0.5キロ減少。

 国産小麦の生産量も20万トン減り、
 砂糖の原料となるテンサイやサトウキビも国内生産が落ち込んだ。

 日本の食料自給率は1960年度には79%だったが、
 国民のコメ離れや畜産飼料の輸入依存などが進み、
 長期的に低落。』

やはり、コメ消費量に大きく左右されるようですね。
サトウキビは、、、沖縄の石垣島で、
サトウキビ畑による被害でサンゴが死んでいる!
という話が美味しんぼにありましたが・・・

それにしても1960年度で79%。。。
食料自給率が100%未満の国は、かなりあるのでしょうかね!?

世界的な不作が起きたら、
食料輸出国は輸出なんかしないだろうに。。。

そのとき、日本はどうなってしまうのでしょう!?

『コメの作柄が戦後最悪となった
 93年度には37%まで落ち込んだ。
 また、06年度にも39%と40%を割り込んだ。
 その後、海外の穀物価格高騰で
 コメ消費が回復するなどして持ち直し、
 08年度の自給率は41%となっていた。』

実際、海外の穀物価格高騰が起こると自給率は上がる。
国内産業や雇用の活性化の為にも一工夫必要ですね。
もしかしたら、そこにビジネスチャンスが隠されているかもしれませんね♪

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ