進化したお化け屋敷

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100809-00000009-tkwalk-ent

夏の風物詩、お化け屋敷が
最近進化しているそうです(^^)

ちなみに、sasaはお化け屋敷を好きではありませんが・・・

■突然真っ暗闇に!「ヤミコの呪い」
 (東京・デックス東京ビーチ) ※9月1日(水)まで

『学校を舞台にした「台場怪奇学校」を
 夏季限定でバージョンアップし、「ヤミコの呪い」として開催。
 この夏は、突然失踪した少女ヤミコをフィーチャーし、
 新たなフィールドを構築した。

 ここでは「SAITO∞REAL方式」という
 オリジナル演出方法が採用されており、
 ゲストは与えられたミッションを手に暗闇を歩行。

 幽霊が現れると、手元の懐中電灯が勝手に消灯するので、
 暗い場内はさらに闇に閉ざされる。

 何が起きるかわからない不安に恐怖感はMAXに。
 リアルな音の演出にも注目だ!』

■何かが足に!「足刈りの家」
(東京・東京ドームシティ アトラクションズ) ※8月31日(火)まで

『こちらは「足刈りの家」と呼ばれる家をモチーフにした、
 夏季限定のお化け屋敷。

 「他人の家に入った時に感じる、
 落ち着かない気持ちを演出に利用しました」と
 プロデューサー・五味弘文氏が話すように、
 “靴を脱いで素足で歩く”という方式が採用されている。

 夫から足をカマで切られたという女性の怨念が残る家で、
 その亡霊に「足をちょうだい…」と、
 無防備な素足を狙われる恐怖。

 足元でお化けがうごめいたり、
 カーテンの向こうに何かが見えたりと、
 次の部屋になかなか進めない怖さだ!』

■最“恐”のお化け屋敷!「夏サカス2010 赤坂ビッグバン『リンカーン』お化け屋敷」
(東京・赤坂サカス) ※8月31日(火)まで

『夏の一大イベント・赤坂ビッグバンでは、
 人気番組『リンカーン』(TBS系)と、
 「戦慄迷宮シリーズ」を手がける富士急ハイランドがタッグを組み、
 最“恐”のお化け屋敷を展開。

 舞台となる廃墟の病院「赤坂林間診療所」で、
 さまざまなゾンビが待ち受けている。

 約20分という長いコースなのでボリュームは満点。
 ダウンタウンをはじめとした、
 リンカーンメンバーがコラボしたナゾの部屋もあるのでチェックしてみて。』

と、まぁ手の込んだお化け屋敷が盛んです。
先日、とあるセミナーに参加した際に
講師がおっしゃっていたのは
『怖いものは怖い』
ということ。

例えば、何かビジネスを始めてみようとか、
投資をしてみよう、とか思ったときに
不安や恐怖が生まれる。

そして、その恐怖はやってみなければなくならない。
恐怖はコントロールできないから。

例えば、お化け屋敷に行ったとして、
出てくるお化けだのゾンビだのは、
作り物、もしくは中身は人間でしょ!?

でも、怖いじゃん。

とのこと。

なぁるほど!

そういえば、金持ち父さんも
いかに恐怖と付き合っていくかが重要な要素になる
というコメントが至るところでありますよね。

もちろん、ビジネスだけではなく、
スポーツでも恋愛でも何でも
『恐怖』
というものは、うまく付き合っていかなければならないものですよね。

もしかしたら、だからこそ
それを克服したときの達成感が何事にも代え難いのかも。

そんなことを再認識するためにも、
たまにはお化け屋敷に行ってみると良いかもしれませんね(^^;

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ