「売れすぎて販売休止」の裏事情

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100902-00000001-sbunshun-bus_all

本ブログでも、度々取り上げてきた
『オールフリー』『カップヌードルごはん』『ゴパン』の
販売休止・販売延期に関してです。

そういえば、先日
今をときめく?『ラー油が薬味の豆腐』を食べましたが
なかなか合ってビックリ!!!

sasaは、基本的に豆腐には何もかけない(醤油さえも)のですが
これはこれで美味しかったです♪

で、
販売休止・販売延期の理由は!?

この記事の説によると、

『天候』

が関与しているとのこと。

これだけ猛暑が続くと戦争中や災害直後に似たストレス状態になり、
口コミに惑わされ、爆発的流行が起きやすくなるとか。。。

また、一部には
『話題にするためだろ』
『ブランド価値を高めようとしているんだろ』
との声もありますが、

メーカー側としては、売れるものなら売りたい!
というのが本音のようです(笑

確かに、欧州のブランド物なら、いざ知らず、
庶民の製品・サービスはブームがありますもんね。。。

「争奪戦などのトラブルが生じる可能性があるため、
 少数供給は難しい。
 また、店を限定してでも販売して欲しい
 という意見もあるようですが、
 販売店間で不公平感が出るため、それもできないようです」

ということですので、消費者の購買意欲・レアモノ感を助長して、
一気に大量に売りさばくのが良いのかもしれませんね。

また、『ゴパン』はリピート製品なしですが、
『オールフリー』『カップヌードルごはん』は
仮に消費者が気に入れば、ロングセラーになる可能性がアリですもんね。

そうでないと、
『話題になっているし一度は試してみたかったんだ』
ということで、大量生産体制がやっと整ったところで、
余剰在庫となってしまうのでしょうが・・・

『オールフリー』も『カップヌードルごはん』も、
sasaは試したことがないので、何とも言えませんが、
今後どれくらい続くのかは気になります(^^)

『最近、テレビや新聞などで「売れすぎて販売休止」というニュースをよく見る。

「サントリーのノンアルコールのビール風飲料『オールフリー』、日清食品の『カップヌードルごはん』などが予想を大きく上回る売れ行きで販売休止に。また、三洋電機のお米を材料にするパン焼き器『ゴパン』は、取り扱い依頼が殺到して発売日が一カ月以上延びました」(流通ジャーナリスト・金子哲雄さん)

 売れすぎ商品続出には今年の天候も関係しているという。

「これだけ猛暑が続くと戦争中や災害直後に似たストレス状態になり、『○○がおいしいらしい』『△△が売れている』といった口コミに惑わされ、爆発的流行が起きやすくなるんです」(同志社女子大学・中島純一教授)

 生産できる分だけでも販売店に卸してくれればいいのに。

「争奪戦などのトラブルが生じる可能性があるため、少数供給は難しい。また、店を限定してでも販売して欲しいという意見もあるようですが、販売店間で不公平感が出るため、それもできないようです」(流通専門誌記者)

 だが、こんな意見も。

「いつでもどこでも手に入る商品だと有り難みがありません。そこで欧州のブランド品がやっているように、あえて生産数を抑え、消費者の飢餓感をあおると同時に商品価値を高める『ハングリー・マーケティング』の手法を利用している可能性も考えられます」(前出・金子さん)

 この点について、各メーカーにズバリ聞いてみた。

「とんでもありません! 飲料が最も売れる今の時期に販売できないのはすごく辛い。売れるものならいくらでも売りたいです」(サントリーホールディングス(株)・広報部)

「カップヌードルという名を冠した商品は弊社の売れ筋で、他の製品と比べて数倍の売れ行きを想定して製造していましたから、生産数を抑えたということは一切ありません」(日清食品(株)・広報部)

「当初の発売日は新米流通の時期にあわせていましたから、できればその日に発売したかった。十一月にずれ込んだのは弊社にとって大きな痛手です」(三洋電機(株)・広報部)

 オールフリーの販売再開は九月七日、カップヌードルごはんは九月下旬。もう少しの辛抱? (岡崎博之)

(週刊文春2010年9月9日号「THIS WEEK 流通」より)』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ