新卒就活、夏の陣

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100925-00000105-san-bus_all

新卒の就職活動に関する話題です。

特に、大卒の就職活動というと、
最近では大学3年のうちから始まることも珍しくない状況ですよね。

それを経団連主導で
『4年生の夏以降』
に徹底することにしたそうです。

これは、
学生の本分は勉学である、
という意味では非常に良いことだと思います。

結局、大学に入る理由は特別な理由はなく、
名の知れた大学に入れば就職活動に有利だから、
という漠然とした何の取りとめもない理由からの気がします。

大学の授業も
『就職活動の為なら欠席OK』
という風潮だった気がしますし。

逆に、ちょっとどうかな!?
と思うのは、
金持ち父さん的に言うと
結局は就職が全て、という文化があまりにも根付いている、
と感じることです。

学生は、
早めに名の知れた会社(必ずしも良い会社ではない・・・)から
内定をもらえれれば万々歳、
企業側も、
名の知れた大学の、優秀な大学を早めに確保できれば
ミッションコンプリート!!!
ですよね。

この、お互いに依存しきった関係は、
今後の日本を占う際にちょっと不安になりますが・・・

まぁ、でも、しっかりと時期を決めることは良いよ思いますね♪

『日本経団連幹部は24日、新卒採用選考の開始時期を、4年生の夏以降に徹底するよう申し合わせる方針を明らかにした。雇用情勢の悪化を背景に学生の就職活動が年々早まっているため。経団連が加盟企業向けに策定している新卒採用のための「倫理憲章」にも盛り込み順守を呼びかける。早ければ10月中旬の正副会長会議で正式決定する。

 大学生が就職活動では、多くの学生が3年生の秋に就職活動をスタートする。大手企業では、4年生の4月ごろに採用試験を実施。ゴールデンウイーク前に内々定を出す会社も珍しくなくなった。

 内定を得られない学生はそれ以降も就職活動を続け就活に要する時間が大学生活の半数以上を占めるケースも少なくない。長期化する就活期間に大学側は「学業がおろそかになる」と強い懸念を示している。企業側も「優秀な学生とそうでない学生とが二極化している」(大手メーカー)と学習経験が十分でない学生が増えていると指摘している。

 このため三井物産、伊藤忠商事など商社を中心に構成する日本貿易会(槍田松瑩(うつだ・しょうえい)会長)は平成24年入社の新卒から採用試験の時期を遅らせ、選考開始時期も見直す方針を決定。経団連にも雇用委員会の新卒採用ワーキンググループを通じて採用活動を遅らせるよう提案した。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ