武富士が・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100928-00000109-jij-soci

消費者金融、いわゆるサラ金大手の武富士が
ピンチに陥っていますね。

芸能人を多用したテレビCMの大量出稿や
ル・マン24時間レースへのスポンサーなどで注目を集めるなど、
「サラ金」に対するイメージ向上戦略などを行い、
創業者である武井保雄が一代で
消費者金融業界のトップの座まで築きあげました。

しかしながら、近年は創業者が逮捕されるなど
テレビCMでも、その名を聞くことはなくなってきていましたね。
(sasaがテレビを見なくなったからかもしれませんが)

平成14年3月末に貸付金残高が1兆7666億円に上る業界トップでした。
しかし、18年1月に最高裁が
「利息制限法の上限を超える金利(グレーゾーン金利)は無効」
との判断を示し、返還請求が急増し経営が悪化。

18年末に成立した改正貸金業法に基づき規制が強化され、
現在は事実上、新規融資を停止。
格付け会社が相次いで格付けを引き下げ、資金調達も困難に。

また、今年には
改正貸金業法総量規制により
基本的には年収の1/3までしか借りられない、
ということも追い打ちとなり、今回の事態に。。。

昔は
T・P・A
ということで
 T=武富士
 P=プロミス
 A=アコム
が御三家で、
 プロミス⇒三井住友
 アコム⇒三菱
となりましたが、武富士だけは単独でやってきましたが・・・

今後、この業界はどうなるのでしょうかね!?

『消費者金融大手の武富士は28日午後、東京地裁に会社更生法の適用を申請した。借り手が利息制限法の上限金利より多く支払った「過払い利息」の返還負担が重くのし掛かり、自力再建を断念。東京商工リサーチによると、負債額は4336億円。
 同社は、清川昭社長と創業家の武井健晃副社長の引責辞任と新社長の就任を発表する予定だ。会社更生手続きでは経営体制を一新するのが通常だが、今回は現経営陣の一部が継続して再建に携わることができる「DIP型」が採用される。
 今後は更生手続きに基づき、借り手から過払い利息の申し出などを受けて、返済対象になる債務を確定する。再建の過程で過払い利息は一部カットされる見込み。武富士は、債務を圧縮して支援先を探すなど再建に道筋を付けたい考えだ。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ