ゼロ金利復活!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101006-00000000-maip-bus_all

金利のお話です。
金持ち父さんのキャッシュフローゲームでも
『インフレで打撃』
ということで、金利が上昇し、3Br/2baの不動産を
泣く泣く手放さなければならなかったり、

逆に、
『金利が下落』
ということで、同じ3Br/2baの不動産を高く売却できたりします。

そんな金利のお話ですが、元々低金利でしたので
『ただ、これまでの日銀の超低金利政策などで、
 既に大手行の住宅ローン金利は期間10年の固定型で
 3.75~3.8%(9月)と昨年4月以来の低水準。
 また、大手行の変動型住宅ローン金利は2.475%だが、
 大手行は優良顧客獲得のため過去最低水準の
 1.075%の優遇金利を提示しており、
 「これ以上の低下余地は少ない」との見方が出ている。』
とも書かれていますね。

その他にも、
「所得が伸び悩む中、金利の低いうちに借金を返す好機になる」
「住宅ローン金利低下のメリットよりも預金金利低下の影響の方が広く薄く及ぶ」
など、様々な意見が。

金持ち父さんも、政府(法律)には
常に気を配る必要がある、と言っていましたが、、、

不動産の営業をやっているお友達は、
リーマンショック以降、なかなか融資がおりないがゆえに、
売れないケースが増えている、
とぼやいていましたが・・・

今後の影響が気になります。

『日銀が5日決定した実質ゼロ金利政策などの金融緩和策は、長期金利の低下などを通じて、家計にも住宅ローンの負担軽減などの効果が見込める。だが、預金金利も低下する見通しのため、既に「スズメの涙」の金利収入はますます減りそうだ。

 日銀は、実質ゼロ金利政策のほか、長期国債などを買い取る基金創設を決めた。長期国債の購入拡大は長期金利の低下を招く。5日の東京債券市場では長期金利が低下し、指標となる新発10年物国債の利回りは0.895%と8月25日以来の低水準をつけた。

 長期金利と連動する住宅ローン金利の低下も見込める。住宅ローン金利が下がれば、住宅投資の下支えが期待される上、「所得が伸び悩む中、金利の低いうちに借金を返す好機になる」(経済ジャーナリストの荻原博子氏)。

 ただ、これまでの日銀の超低金利政策などで、既に大手行の住宅ローン金利は期間10年の固定型で3.75~3.8%(9月)と昨年4月以来の低水準。また、大手行の変動型住宅ローン金利は2.475%だが、大手行は優良顧客獲得のため過去最低水準の1.075%の優遇金利を提示しており、「これ以上の低下余地は少ない」との見方が出ている。

 一方、預金金利は、1000万円以上の大口定期でも1年物が0.06%(税引き前)にとどまっている。100万円を1年間の定期預金で蓄えた場合、現在でも320円程度(税引き後)の利子しかつかないが、預金金利が低下すれば、ささやかな利子収入もさらに減ることになる。第一生命経済研究所の熊野英生氏は「住宅ローン金利低下のメリットよりも預金金利低下の影響の方が広く薄く及ぶ」と指摘する。

 また、国債買い増しが財政規律の悪化を招くとの懸念から、将来的に長期金利が急上昇に転じ、ローン債務者を直撃する可能性もある。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ