ドイツ初のヒトラー展

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101016-00000016-jij-int

ドイツで、初のヒトラー展が開催されるそうです。

『ドイツでは、ナチスを公然と取り上げるのはタブー視されている。』
ということで、開催する側も勇気のいる行動だったでしょうね。。。

正直、開催に関する善悪を判断するのは困難ですよね。
そんなものを開催するなんて、またあの過ちを繰り返す気か!?
と言われかねないですが・・・

しかしながら
『「史実に対する正しい理解を広めるのに展示は必要」
 と開催に踏み切った博物館の英断を評価した。』
という声もあるようです。

臭いものにフタをするのではなく、
臭いものにこそ、光を当てて浄化しよう、ということですかね。

sasaは、あまりヒトラーについては知らないのですが、
悪い方向性に行ってしまったものの、
そのリーダーシップは凄かったのだろうなぁ、と思います。

平和の為に、その能力を活かすことができたのなら
世界の偉人として名が残ったのでしょうが。。。

『【ベルリン時事】ベルリンのドイツ歴史博物館で15日、ナチス総統ヒトラーに焦点を当てた特別展「ヒトラーとドイツ人」が始まった。ヒトラーをテーマとした本格的な展示は第2次世界大戦後のドイツで初めて。
 会場には写真やヒトラー像など約1000点を展示。来館者は著書「わが闘争」の初版本やヒトラーの少年時代の写真、ナチスのプロパガンダ用ポスター、かぎ十字が描かれたちょうちんやビールジョッキに熱心に見入っていた。
 ドイツでは、ナチスを公然と取り上げるのはタブー視されている。特別展は波紋を呼んでいるが、見学に訪れた会社員ペーター・ユクスさん(51)は「史実に対する正しい理解を広めるのに展示は必要」と開催に踏み切った博物館の英断を評価した。特別展は来年2月6日まで。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ