日産『フーガ』が・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101026-00000526-san-bus_all

日産がハイブリッド車として
「フーガ」を投入するようです。

sasaの記憶では、
日産はトヨタからの技術供給を受けていた気がしましたが・・・
今回のは、日産独自のハイブリッドシステムだそうです。

かつて経営危機に陥り、
そのためにカルロス・ゴーン社長のもとで、
事業の“選択と集中”が行われ、
開発が後回しになってしまった日産ハイブリッド車。

トヨタとホンダもハイブリッド車はどんどん出していますので
良い意味で競争をして
消費者に良い製品を提供してもらいたいですね♪

『日産自動車は26日、高級セダン「フーガ」のハイブリッド車(HV)「フーガハイブリッド」を11月2日から発売すると発表した。日産はHVではトヨタ自動車やホンダに出遅れていたが、巻き返しを図る。HVをめぐって、国内大手3社の三つどもえの競争が激しくなりそうだ。

 フーガHVは、1モーター2クラッチ方式という日産独自の機構を搭載。走行状態によってエンジンとモーターがそれぞれ単独、もしくは両方が作動して効率の良い走りを実現するという。リチウムイオンバッテリーを採用し、燃費は小型車並みのガソリン1リットルあたり19キロを達成した。

 価格は577万5000~630万円。自動車取得税・重量税が免税される。法人向けの販売も多いとみられ、トヨタ自動車のクラウンHVなどと競合しそうだ。

 この日の発表会で日産の志賀俊之・最高執行責任者(COO)は「日産は市場にあった最適な技術を搭載していく。燃費性能と走りの性能を両立する日産独自のシステムだ」と述べ、自信を見せた。

 日産にとって、HVはリベンジの意味合いもある。2000年に5人乗りワゴン車「ティーノHV」を国内向けに販売したが、経営危機に陥り、カルロス・ゴーン社長のもとで、事業の“選択と集中”が行われ、「HVの開発は後回しになってしまった」(日産関係者)。

 結果的にトヨタとホンダの後塵を拝すことになり、日産は07年から、トヨタにハイブリッドシステムの供与を受けて北米向けセダン「アルティマ」のHVを販売している。それだけに今回開発した独自のハイブリッドシステムは「技術の日産」(志賀COO)としての思い入れが強い。

 その一方、日産は今年12月、エコカーの本命と位置付ける電気自動車(EV)「リーフ」を発売する。今後はEVに加え、HVやクリーンディーゼル車などを市場や車種に合わせて展開する“全方位戦略”を進める構えだ。

 世界的な環境規制の強化や低燃費志向の高まりからHV市場は拡大の一途をたどっている。とりわけ、トヨタ自動車の独走が続き、1997年に世界初の量産HVとして発売した「プリウス」は米国でも支持され、累計販売台数が全世界で200万台を突破。国内の車名別新車販売でも首位を維持している。今後、ワゴンタイプなど車種も拡充する構えだ。

 HV「インサイト」ではプリウスに及ばなかったホンダも今月、小型車「フィット」のHVを売り出した。159万円という低価格化に踏み切り、トヨタの牙城の切り崩しを狙うなどHV三国志は過熱するばかりだ。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ