東京ラーメンショー2010!

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101103-00000005-tkwalk-ent

全国から有名・人気ラーメン店、計100店以上が参加する
「東京ラーメンショー2010」が、
駒沢オリンピック公園で本日からスタートするそうです(^^)

昨年は雨にもかかわらず
3日間で10万人も動員したとのこと!

さて、今年はいかがなんでしょうかね♪

全国17都道府県から100店舗が参加する今年は
名店のコラボ麺があるとか。

普段はなかなかそういうことはできないでしょうからね。
新横浜のラーメン博物館でもそういうことはなかったのかな?

もしかしたら、ラーメン業界も合併で再編とか!?
まぁラーメン屋もビジネスですから、それもアリですかね。。。

sasaの大好きな漫画のひとつ、美味しんぼでは
ラーメンがなかなか面白く描かれていましたよ♪
しかも、単行本だと、丸々一巻が
 『ラーメン戦争』
となっていてw

その中では、流星組というチェーン店が
狙いをつけたお店の近くに車による屋台点店をオープンし、
実力で潰していく!

そして、その狙われたお店が経営不振になると
 『傘下に入らないか?』
とお誘いし、潰れるか、傘下に入るかの選択を迫られる・・・
という、お話ヽ (´ー`)┌

組長曰く

『全然問題じゃないね。

 日本は資本主義の社会だ。
 品質の良いものが勝つ。
 これが鉄則だ!

 私達にお客を奪われるお店はラーメン作りの才能がないのだ。
 もしくは情熱と工夫に欠けている。

 まずいラーメン屋が潰れて美味しいラーメン屋が増えるのは
 お客にとってもいいし、
 我々にとっても安価にチェーン店を広げられるので
 win-winのビジネスだ!』

というようなことを言っていましたが・・・
まさに資本主義w

で、主人公達が支援したお店が
徹底抗戦するのですが、どうしてもお客さんが流れてこない・・・
このまま潰されてしまうのか!?

・・・ということで、続きは本をご覧ください(^^)

食べ物漫画ということで、
 より美味い側が勝つ!
という単純化されたビジネス設定ですが

『ラーメン屋は素人でも手が出しやすい』
という安易な気持ちでラーメンFCをしようと思っている方は
ガツン!とやられるかもしれませんね。

ラーメン屋に限らず、
ビジネスはチョチョイのチョイで儲かるわけではない、
ということですね!

『全国から有名・人気ラーメン店、計100店以上が参加する「東京ラーメンショー2010」が、いよいよ駒沢オリンピック公園(東京都世田谷区)で11月3日(祝)からスタートする。昨年は雨にもかかわらず3日間で10万人も動員したこの人気イベント、今年はよりパワーアップして帰ってくるが、注目は、何といっても名店同士のコラボ企画! 青森の“津軽らーめん”×関東の“二郎系”など、今回しか食べられない一杯がこぞって登場するのだ。

全国17都道府県から100店舗が参加する今年の“東京ラーメンショー”の味わいどころの一つが、名店のコラボ麺。例えば、煮干し系の津軽らーめんを全国に発信し続ける青森の「長尾中華そば」と、関東を中心に展開する二郎系ラーメンの「ラーメン大」が野性味あふれるコラボで参加。東北の津軽らーめんが、どのように“盛り”に定評のある二郎系に変身するのか、ファンならずとも楽しみなところだ。

もちろん、首都圏の人気店も負けてはいない。焼き石使用で“冷めないつけ麺”の「TETSU」と、フレンチ・和食の経験を持つ「四代目けいすけ」のコラボや、「江戸と博多の文化交流」をテーマに、博多トンコツスープに支那そばの要素を入れた、「田中商店」×「めん徳二代目つじ田」のコラボなど、どれも見逃せない一杯ばかり。競演を経て進化した名店の味は、必食だ!

全国人気店のオリジナルラーメンや、ラーメンショーのみのために作られた創作ラーメンも多数登場する「東京ラーメンショー2010」は、11月3日(祝)~7日(日)の5日間、駒沢オリンピック公園にて開催。ラーメン1杯どれでも750円なので、年に1度のラーメンの“食べ比べ”を楽しんでみては? 【詳細は、11月2日発売の東京ウォーカーに掲載】

※「東京ラーメンショー2010」…駒沢オリンピック公園(世田谷区駒沢公園1-1)/03-3490-3973(事務局)/10:00~20:00(最終日は~17:00)※スープ、麺がなくなり次第終了/入場無料』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ