ボージョレ・ヌーボー

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101108-00000041-mai-soci

そろそろボージョレ・ヌーボーの季節がやってきました♪

sasaは、実は飲んだことがないのですが
バブルの時は大ブームだったそうですね。。。

sasaが初めてボージョレ・ヌーボーを知ったのは、
例の如く(?)『美味しんぼ』なわけですがw
そのため、ボージョレ・ヌーボーの印象はあまり良くなく・・・

曰く、
 元々、ボージョレ・ヌーボーは、
 秋の収穫の後に
 豊作を祝って行われる
 ワイン祭りで捧げられたもの。

 それが、1960年代半ばに
 イギリス人たちが
 『誰が早く解禁日にロンドンに運び込むか!?』
 というゲームを始めてから
 急に世界中の流行になってしまった、
とのこと。

お祭り騒ぎ、
一種の遊び、
ファッションとして飲むなら
それはそれで良いのだが、

日本ではまともなレストランでも
ボージョレ・ヌーボーを勧めたり・・・

で、
ボージョレ愛好家にとっては
ボージョレ・ヌーボーを他のボージョレと
一緒にされることが嫌みたいです。

なぜなら、ボージョレ・ヌーボーは
他のボージョレとは異なった
独特の製法を用いているから・・・

それは、
異常に鮮やかな桃色じみた赤色を出すために、
ブドウの種を潰さずに短期間で発酵させたり、

鮮やかな色を固定するために、
糊状の物質を添加したり・・・

といことで、sasaは飲みたくなくなったわけですw

誤解して頂きたくないのは、
別に販売している会社を批判しているわけではない、ということです。

実際に飲みもしないで、どうのこうの言っても仕方ありませんし。
この話が掲載されている25巻は、1990年が初版ですから
改善されているかもしれません。
(個人的には、悪化することはあっても改善することはないと思いますが)

sasa個人としては、
以上のような話をしてくれた上で、
 『このボージョレ・ヌーボーは大丈夫だよ♪』
と誰かが言ってくれる日を待っているのですw

待ってないで、自分から探せばいいのに!
と、突っ込まれそうですが
sasaの価値観では自分から探してまで飲みたい!とは思わないので・・・
それならエビスビールを飲みたいです。

もし、今のボージョレ・ヌーボーも
かなり、不純で自然からかけ離れたものだとしたら
仕掛けている方々はビジネス上手ですよね・・・

ほとんど価値のないものに付加価値を乗せて、売る。
一歩間違えれば悪徳商法ですが、
その製品・サービスで顧客が満足してくれれば問題ないわけで。

実際、金持ち父さんのキャッシュフローゲームだって
2万円するのですから、価値を感じない人にとっては詐欺のような価格でしょうし。

個人的にはボージョレ・ヌーボーの喧騒からは
距離を置きますが、

ビジネスとしてみた場合は素晴らしいツールになっているなぁ、
と感心するのであります♪

『フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が18日、解禁される。一時のお祭り騒ぎのような「ボージョレ狂騒曲」は影を潜めるが、季節ものだけに、やはり気になる。今年の出来は? 15年ぶりの円高の影響は?【鈴木梢】

【ボージョレ・ヌーボー】関空に到着 ルフトハンザ機が275ケース

 ソムリエの田崎真也さんは「今年は、新酒の典型のようなみずみずしさが楽しめる年」という。09年のブルゴーニュ地方は猛暑で、ブドウが完熟してワインも凝縮した味に仕上がったが、今夏は比較的涼しく、ゆっくり成熟したという。「酸味がフレッシュで、赤い果実が持つ華やかな香りが楽しめ、冷やして飲むヌーボーにはぴったり」と田崎さんは評価する。

 イベント性が高く、景気や流行に左右されやすいヌーボー。バブル期には、時差により本場フランスより早く飲めることなどから盛り上がり、解禁日未明に成田空港に行き乾杯する人まで現れた。90年代後半の赤ワインブームも追い風となり、輸入量は04年に約939万リットルに達した。

 しかし05年以降は、輸入業者が過剰在庫を抱え、店頭には年を越しても売れ残ったボトルが並ぶように。輸入量は5年連続で減少し、09年は約450万リットルとピーク時に比べ半減した。

 だが、各社は今年を「転換の年」と見る。昨年は、輸入量こそ減ったものの、売れ行きが近年になく好調で、メルシャンは「約10日間ですべて売り切った」。「50年に1度の当たり年」と絶賛されたことが一因だった。瓶より軽量なペットボトルに詰めて空輸費をカットした低価格商品を売り出すなど、目新しさでもアピールした。

 各社とも「需要と供給のバランスがとれ、市場が適正になってきた」と口をそろえる。メルシャンは、今年の販売数量を約75万本と前年比5%増を見込む。サントリーは日本への輸入量が前年比1割増に持ち直すと予想。「一過性のブームで飲むのではなく、ワインの季節や文化を理解して飲む層がしっかり定着した」と分析する。

 円高の恩恵が気になる価格はどうか。

 商品の価格が6月ごろに決まっていることなどから、メーカーの多くは価格を前年並みに据え置く考え。サントリーは「仕入れ値や物流コストが値上がりしているが、円高もあって価格は前年並みの2300円(750ミリリットル入り)程度」としている。量販店では、イオンが一部の事前予約商品を円高還元のため100円引きの880円(同)としたほか、西友も990~1180円(同)と「円高を価格に反映させている」という。

 ワインに精通する料理評論家の山本益博さんは「ヌーボーは本来、その年のワインの出来を占うもの。ヌーボーでない、熟成された大人のボージョレの味こそ知ってほしい」と話す。とはいえ、ヌーボー解禁にはブドウの収穫祭の意味合いもある。田崎さんは、旬や新物に敏感な日本人として、新酒そのものを楽しむことを提案。今年のヌーボーと相性がいい料理として「豚肉のしゃぶしゃぶ」を提案する。鍋と新酒で深まる秋を楽しみたい。

 【ことば】ボージョレ・ヌーボー

 仏ブルゴーニュ地方南部のボージョレ地区で収穫されたガメイ種のブドウで造られた新酒の赤ワイン。解禁日は11月の第3木曜日と定められている。日本の輸入量は世界一で、全体の4割以上を占める。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ