ホンダ「シビック」国内販売終了

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101115-00000580-san-bus_all

ちょっと残念なニュースです。
40年もの歴史のあったホンダ「シビック」が
国内販売終了へ向かう、とのこと。

これも時代の変化ですかね。。。
今朝の日経新聞にも記事がありました。

ホンダと言えばバイクでしょ!?
ホンダって四輪車、作ってたっけ!?
と言われていた時代、

ホンダの技術を世に知らしめた車のひとつ「シビック」。

北米などの海外市場では販売継続するらしいので
逆輸入車はゲットできるでしょうし、
中古でもゲットできるでしょうが、
何となく寂しい限り。

とはいえ、ホンダはアシモを作るなど
特定のモノには拘っていないのでしょうね。
(良い意味で、ですよ^^)

F1撤退のときは
 『ホンダの文化とアイデンティティーが失われたのか!?』
とも、思いましたが、
あれも見方を変えれば、
ホンダという会社を潰さないための苦肉の策なのかもしれませんね。

昨日、F1の記事を書きましたが、
そういえば昨年ワールドチャンピオンに輝いた
ブラウン(現メルセデス)は
ホンダが熟成させてきたマシンでしたしね。

まぁF1やレースは別としても、
市販者は栄枯盛衰、生者必滅、、、
流れ行く時間(とき)の中で変化を求められるのは
世の常なのでしょうが。

個人的には、バイクはホンダのFORZAですので
頑張って欲しいところ!

最近は、フィット以来、
 これぞ!
という製品がないようにも思うので、

何とか良い意味で世間を驚かせて欲しいところ。
トヨタにはチャレンジできない
『何か』をホンダには期待したいところです(^^)

『ホンダが乗用車「シビック」の国内販売を現行車で打ち切る方針であることが15日、分かった。ハイブリッド車(HV)である「シビック ハイブリッド」の国内生産を12月に打ち切り、在庫がなくなった段階で国内販売を取りやめる。北米など海外市場での販売は継続する。ホンダの四輪車事業のシンボル的な存在だったシビックだが、国内では約40年で幕を閉じる。

[フォト] 懐かしい…1972年発売の初代シビックはこんなデザインだった

 すでに4ドアセダンのスポーツ車「シビック タイプR」(2000cc)の生産は8月末で終了している。ホンダは一時、来年のモデルチェンジを機に国内での販売はHVに絞り、ガソリン車は扱わない方向で検討していた。ただ、10月に発売した「フィットHV」の販売が好調で、国内市場でシビックの販売を継続する意味が薄れていた。

 シビックの発売は1972年。日米で大ヒットし、それまでは二輪車中心のメーカーだったホンダの四輪車事業を、飛躍的に発展させる原動力となった。国内の累計販売は、ホンダの車種では最も多い約300万台に達する。ただ、最近は小型車「フィット」に人気が移り、昨年の国内販売はフィットの約15万7千台に対し、シビックは約9千台に落ち込んでいた。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ