ソロス氏「EUの分裂は国際金融システムにとって破壊的」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120106-00000076-reut-bus_all

世界三大投資家のジョージ・ソロス氏の言葉。

ちなみに一般的に世界三大投資家と言えば
ジョージ・ソロス、
ウォーレン・バフェット、
ジム・ロジャース
のようですね。

うーむ。

何か、分かってはいたものの
こういう大物が言っている!という記事を拝見すると、
やはり本当なんだろうな、と思ってしまいますね。

だからこそ、何かしらの準備が必要なんだ!
という気持ちに改めてなったりもするのですが。

資本主義の限界が来ているのでしょうかね?
別に社会主義論者なわけではないのですが。。。

これだけの人でさえ
『解決策が見つかるかも全く分かっていない』
と指摘するのは・・・

そこまで言うからには、
対応策を何とか考えて頂きたいところ。

勿論、一般人の自分達も
今できることをしっかりとやっていかないと!ですね。

『著名投資家のジョージ・ソロス氏は、ユーロの崩壊と欧州連合(EU)の分裂は国際金融システムに破壊的な結果をもたらすことになるとの見方を示した。インドの各紙が報じた。

ビジネス・ライン紙によると、ソロス氏はインド南部の都市ハイデラバードで、「ユーロは現在、EUの政治的結束を脅かしている可能性がある」と指摘。「ユーロが崩壊した場合、EUの分裂につながるだろう。それは欧州だけでなく、世界の金融システムにとって破壊的な事態となる」と語った。

エコノミック・タイムズ紙によると、同氏は「(ユーロ圏危機は)2008年の危機よりも深刻で脅威になっている」と指摘した。

また、ミント紙によると、同氏はビジネススクールのイベントで、「債権国と債務国」の不均衡によって、一部のユーロ圏諸国は短期的に、さらなる緊縮財政措置を取る必要があるかもしれないと述べた。

「残念ながら、彼らは深刻な金融危機をまだ解決しておらず、状況悪化につながっている。しかも解決策が見つかるかも全く分かっていない」と指摘した。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ