バルセロナ、ダービー引き分け首位レアル・マドリーとの勝ち点差が開く

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/1112/headlines/20120109-00000008-spnavi-socc.html

日本では高校サッカー選手権が終わりました。

ヨーロッパではイタリア、スペインがリーグ再開となりました。
それにしても英国。。。

イングランド・プレミアリーグはクリスマスも年末年始も全く休みなし!
家族とゆっくりすることもままならず、
精神的に疲弊しきってしまうのではないか!?
と思ってしまいます。

F1だってシーズン中に休みがあるのにね。。。
最も、代表に選ばれなければ
代表戦の週は少しお休みできるのかもしれませんが。

で、スペインなのです。

sasaは昔からレアル・マドリードが好きなのです。
どれくらいから?
と、よく聞かれるのですが、1996年くらいからですね。

現在イタリアのACミランにいる
オランダ代表のクラレンス・セードルフがいた頃ですね。

そう考えると、、、セードルフ恐るべし!
まだ現役でバリバリやっているもんな・・・

なので、必然的にバルセロナも見てきているのですが、
なんだかんだで今はバルサ時代だとは思います。

栄枯盛衰とは言ったもので、
90年から5連覇を達成したバルサも
その後はかなり苦戦した時期もあったんだよなぁ。。。

クラブが勝手にリケルメを獲得して、
ファンハール監督に『要らない』宣言をされたり。

そんな時代にも、下部組織をしっかりと教育し続け、
いまトップチームで花開いているのは素晴らしいの一言。

かつてはレアルも
ラウル・ゴンサレスがいたわけですし
(厳密にはユース時代にアトレチコからの移籍ですが)
現在もレアルの下部組織出身で他チームで活躍する選手は多いんですよね。

何か、ビジネスとして見るというか、
組織作りとして見ると、やはりバルサに比べて下手に思えてしまいます。

それでも、現在は首位ですから
久々のリーグ優勝も見えてきてますね♪

個人的にはCL(チャンピオンズ・リーグ)での優勝を見たいですが
どうなるかな!?

人気が出始めた頃から、
NHKの衛星での放送が終了してしまったので
近年はあまり試合自体は見ていないのですが、
あれだけクラシコで負け続ける姿だけは、
昔から考えると全くアリエナイ。。。

まぁ優勝すればクラシコで負けたって良いのかもですが。

あとは、以前のバレンシアやラコルーニャのように、
優勝争いに参戦する二強以外のチームがみたいなぁ、と思います。

『8日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節、バルセロナとエスパニョルによる注目のバルセロナダービーは1-1で引き分けた。この結果、2位のバルセロナと首位レアル・マドリーとの勝ち点差は5ポイントに広がった。

 試合は両チームが互いに攻め合うエキサイティングな展開となる。ホームのエスパニョルは序盤から激しいプレスでバルセロナのパスコースをつぶすと、相手のお株を奪うパスサッカーで攻め込む。7分にはホアン・ベルドゥがゴール前で立て続けに決定機を迎えるが、GKビクトル・バルデスの必死のセーブに防がれる。一方のバルセロナも、13分に相手GKのパスミスをカットしたリオネル・メッシがゴールに流し込むが、これはハンドの判定でノーゴールとなる。

 その直後、ダニエウ・アウベスからのクロスをセスク・ファブレガスがヘディングで決め、バルセロナが先制する。だが、その後もエスパニョルはセルヒオ・ガルシア、ベルドゥ、ティエリ・ビフマらが相手ゴールに迫ると、次々とシュートを放つ。バルセロナもセスクのシュートなどで応戦するが、互いにフィニッシュが決まらず、前半は1-0のまま終了する。

 後半に入っても両チームの集中力は切れることなく、攻守が激しく入れ替わるせめぎ合いとなる。エスパニョルの厳しいプレスの前に、いつものようにボールがつながらないバルセロナはペドロを投入して、状況の打開を図る。そのペドロはゴール前に切り込んでチャンスを作るが、メッシのシュートがポストに嫌われるなど、ツキにも見放される。徐々にポゼッションを取り戻したバルセロナは終盤にケイタを投入し、逃げ切りを図る。しかし、その直後の86分、ラウル・ロドリゲスのクロスから最後はアルバロ・バスケスがダイビングヘッドで押し込み、エスパニョルがついに同点に追いつく。

 ロスタイムにはバルセロナにも絶好のチャンスが訪れるが、ジェラール・ピケのシュートはクロスバーにはじかれ、続くペドロのシュートは相手DFの腕に当たるもPKの笛は吹かれず、そのままタイムアップ。ダービーにふさわしいスペクタクルな好ゲームは、1-1のドローに終わった。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ