スマートTV、陰の主役はアップル ライバル先行発表

http://tinyurl.com/7cnzhf8

近年、スマートフォンが流行していますが、
今度はスマートテレビなるものが登場するようです。

部屋のテレビが壊れているsasaですが、
ほとんど活用していない間にテレビもどんどん進化してしまいますね・・・

ちなみに、sasaの家では、
別の部屋にあるテレビも未だにブラウン管です♪

各社が開発を進めている中、
沈黙を守っているのがアップルだそうです。

創業者が亡くなってから、どうなるのか、
と注目をされているアップルですが、
また新たな革新をもたらすのか!?

アイフォンも、
既存の携帯電話を一新する革新的なテクノロジーだっただけに、
今回も何かしらの発表があるのでしょうかね。

なお、
「2012 International CES」で注目を集める新技術・新製品たち
の情報はこちらにあります↓↓↓
http://magazine.kakaku.com/mag/kaden/id=629/

『スマートテレビの離陸を印象づける今回のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)の陰の主役は、出展していない米アップルだ。近くスマートテレビを発表するとの観測もあり、他社はそれを意識した開発を進めている。

 韓国サムスン電子が発表したスマートテレビは上部に小型カメラを内蔵し、ユーザーが手ぶり、身ぶりや声でチャンネルを変えられる。ライバル、韓国LG電子も音声認識技術やカメラを使って、声や身ぶり手ぶりで操作できるテレビを投入する。

 各社が入力技術に力を入れる背景には、アップルがスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)4S」に搭載した音声ガイド機能「Siri(シリ)」の成功がある。アップルのスマートテレビにも同様の入力技術が使われる可能性が高い。身ぶりや音声で家庭用ゲーム機を操作できる米マイクロソフトの入力機器「キネクト」の成功も、テレビ各社を刺激している。

 アップルはiPhoneに指で直感的に操作する「マルチタッチ」技術を採用し、スマホやタブレット(多機能携帯端末)の標準型を確立したことで知られる。アップルと競合する米グーグルも音声認識技術を使ったサービスを開発。マイクロソフトは番組制作会社と組んで、視聴者の身ぶりや声でストーリーが変わる番組作りを始めた。

 かつて、テレビやパソコン、ゲーム機などデジタル家電は、リモコンやマウス、コントローラーといった入力技術の進化とともに個人や家庭に浸透していった。テレビのネット接続が一般化すれば、入力技術の出来がユーザーの評価を左右する重要な要素になる。

 これまでの薄型テレビは画面の大きさや薄さ、高精細さを競ってきた。スマートテレビの登場でそうした「数値」を争う競争は一段落し、使いやすさや、映画やゲーム、アプリケーションソフトの品ぞろえなどを争う新たな段階に突入したといえる。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

ソニーのユニークな新卒採用方針

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120106-00000025-zdn_n-inet

日本を代表する企業であるソニーのお話です。

sasaが就職活動時にも、
入社時期選んでいいよ♪というスタンスだったソニーですが、
更に前進しているようですね。

日経新聞によると、
ソニー、2年連続首位 若手の海外研修拡充 働きやすい会社2011本社調査
とのこと。

曰く、
『日本経済新聞社は25日、主要企業を対象に実施した2011年の「働きやすい会社」調査の結果をまとめた。2年連続で首位だったソニーをはじめ、総合ランキングの上位4社が電機メーカーだった。人材の育成や活用などでグローバルな対応を強化したり、育児・介護や多様な働き方に配慮するなど時代変化に即した取り組みを進めた企業が高い評価を得た。』

ソニーと言えば、
本社を海外に移転する!という噂もありましたが、
現時点ではないようですね。

とはいえ、
内向き、下向き、後ろ向きで
英語も話せず、ハングリー精神もない
日本の若者を雇う気はないのでしょうね。

ユニクロなんかは海外採用が圧倒的に多いようですし。
とはいえ、ソニーもユニクロも日本人だからダメ!
というわけではなく、

前向きで、
英語が話せて、
ハングリー精神がある優秀な人材なら
国籍を問わずに採用したい、というのが本音なのではないでしょうか。

その為、国内に残る優秀な人材を確保する為に
ソニーは戦略を練っている、ということなんでしょうね。

余談ですが、
パナソニックは一部の本部機能をシンガポールに移転するそうですね。
http://news24.jp/articles/2011/09/15/06190663.html

『円高が続く中、「パナソニック」は、原材料の調達部門などの本部機能を、来年4月をメドに、日本からシンガポールに移転することを明らかにした。

 パナソニックによると、現在、大阪本社にある部品や原材料の調達と物流に関する本部機能を、来年4月以降、シンガポールにあるパナソニックの子会社に移管するという。これに伴い、レアメタルなどを含む原材料のアジアでの集中購入や調達の効率化が可能となり、年間600億円のコストを削減できる。

 パナソニックではこれまで、原材料の高騰による今年度の損失を660億円、一ドルあたり1円の円高により生まれる損失を38億円と発表していて、その対策を急いでいた。』

今後も、これに続く企業は増えそうですし、
益々、日本国内の空洞化は進みそうですね・・・

『「卒業後3年以内も対象」「服装は自由」──ソニーが2013年度新卒採用でユニークな方針を掲げている。「多様な人材がいるからこそイノベーションが生まれる」として、「それぞれの個性を大切にするため、日本特有の“シューカツ”というルールを変える」という。

 対象に卒業後3年以内の人も含めることで卒業後に海外留学したり、起業したりといった「様々な選択肢を歩んだ人と出会いたい」という。マニュアル化された面接を避けるため、選考方法では複数のコースを用意。ワークショップや企画提案、プログラミング手法のディスカッションなどから選べるようにする。

 “シューカツ”の象徴であるリクルートスーツ。「面接で自由な服装を呼び掛けると『これは罠だ』とつぶやかれる時代」だが、「大事なのは中身」と普段通りの服装で大丈夫だと保証する。もちろんスーツ姿が自分らしいという人はスーツを着てもOKという。

 元々、ソニーは応募書類や面接で大学名を聞かない「学歴不問採用」などで先駆けてきた。「学生と『対等でありたい』というのは理想論かもしれないが、ソニーのことが好きな人に来てほしい」という。

 同社の取り組みに対し、Twitterでは好意的な反応が多い。「これなら採用される側も言い訳できない」という声も。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

「ゴパン」発売!早くも品薄状態(>_<)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101111-00000031-maip-bus_all

本ブログでも度々取り上げてきた
 『ゴパン』
のお話です(^^)

http://richdad-lab.com/blog/?p=391
http://richdad-lab.com/blog/?p=477
http://richdad-lab.com/blog/?p=491

結論から言うと、かなり好調なようです(^^)

最近、SANYOブランドは基本的に廃止で
Panasonic に統一されてしまう、
というニュースがありましたが、

もしかしたら、SANYO最後のヒット商品になるかも?

メーカーや量販店もビックリのヒットになりそうですね♪
まさに金持ち父さんも賞賛のビジネスにw

ただ、やはり製造は中国なのですね・・・
まぁ当たり前と言えば当たり前なのですが。

そうなると、国内の景気や雇用に関する問題が
改善されることはないのでしょうかね!?

ゴパンが売れることによって、
もちろん会社は儲かりますので株主は大喜びでしょうが
社員の給料も上がるのかな?
もしくはボーナスが支給されるとか。

以前、CANONやトヨタが好調なときも
従業員の給料は上がらずに株主の配当は上がっていた
というデータもありましたが。。。

それでは、上場した意味がないじゃん!
と突っ込みたくもなりますが・・・
まぁ経営者の収入は上がっているから良いのか。

何はともあれ、三洋電機のゴパンは注目ですね♪

『三洋電機は11日、米粒からパンを作る世界初のホームベーカリー(家庭用パン焼き機)「GOPAN(ゴパン)」を発売した。当初は10月8日の予定だったが注文が殺到したため、品切れの恐れがあるとして延期していた。委託先の中国の工場ではフル稼働で生産を急いでいるが、当分の間は品薄状態が続きそう。

 「ビックカメラなんば店」(大阪市中央区)は8月末から約30件の予約注文を受け付けた。しかし、発売初日の入荷はたった2台で、手渡せる商品は展示用を除いて1台だけ。「初日に店頭販売できる商品がないなんて、経験したことがない」と驚く。同店では今後予約しても受け渡しは年明け以降になるという。三洋電機によると7月13日の発表以降、予約は約1万件以上に上っており、「大ヒット商品になるのでは」と期待する。

 ゴパンは、専用の小麦粉や米粉でなく、家庭のご飯用の米粒を原料に使えるため材料費を半額以下に抑えられたことなどから人気に火がついた。米粒を投入口から入れて、自動的にすりつぶし米粉にする。水、塩、ドライイーストなどを加えて生地を作り、約4時間で焼き上がる。店頭販売価格は5万円程度。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

ウォークマン

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100914-00000110-mai-pol

以前の日記で『ウォークマン、iPod超えへ』と書きましたが、
新機種を10月9日から発売するようです。

ライバルのアップルも、例年通り9/1に発表をしました。

sasaが使っているウォークマン(MP3再生専用)は、
もう3~4年前に購入したもので、
確か1GBしか容量がない代物です(>_<)

そろそろ買い替えが必要だよなぁ・・・

近年は、ipodを始めとして、
全く興味を示していなかった為、
浦島太郎化しておりますが・・・

これはもう周りのお友達に聞いてみて
ヨドバシカメラで店員さんに聞きながら
現物をチェックするしかない!

信じるな、
疑うな、
確かめろ!

ですね(^^)

『ソニーは15日、携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」3シリーズ12機種を発売すると発表した。ウォークマンが自動的にお勧めの曲を選ぶ「おまかせチャンネル」や、本体で試聴できる新機能を付けた。10月9日以降順次発売する。また新シリーズのうち2シリーズでオリジナルモデルを展開し、9月下旬以降先行予約販売を始める。

視聴機能について、レーベルゲートは10月9日、ウォークマン向けに「ちょい聴きmora」サービスを開始。利用者はアーティスト、ジャンル、人気ランキングなどに基づいた試聴曲1パック(10曲)を4種類までウォークマンに転送できる。利用にはアプリと登録が必要。

 すべての機種に、歌詞表示機能「歌詞ピタ」の楽しさをさらに広げる「カラオケモード」、気分や時間帯などに合わせて、ウォークマンが自動的にお勧めの楽曲を選曲する「おまかせチャンネル」、ウォークマン本体でいつでも手軽に試聴曲が楽しめる「ちょい聴きmora」機能など、音楽の楽しみを広げる機能を新たに搭載した。

  新発売の機種はAシリーズ「NW-A855」「NW-A856」「NW-A857」の3機種▽Sシリーズ「NW-S754」「NW-S755」「NW-S756」「NW-S754K」「NW-S755K」の5機種▽Eシリーズ「NW-E052」「NW-E053」「NW-E052K」「NW-E053K」4機種。

 Aシリーズは約7.2ミリのスリムな本体に、ソニーの高級ステレオアンプなどにも搭載しているフルデジタルアンプ「S-Master」をはじめとする高音質技術、2.8型ワイド有機ELディスプレイ、さらに最大64GBの大容量フラッシュメモリー内蔵など、高音質・高画質・大容量を凝縮したハイエンドモデル。従来からの「ブラック」「ホワイト」に加え、新色「ロゼピンク」を追加した。

 Sシリーズは、Aシリーズと同じく、周囲の騒音を約98.0%除去し、「電車・バス」「航空機」「室内」モードの中から環境に応じて選択可能な「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載。本体と統一されたデザインの専用スピーカーを付属した「NW-S750Kシリーズ」は、屋内外でより手軽に音楽を楽しめるという。

 Eシリーズはコンパクトなプレートタイプのボディに、1.4型高精細カラー液晶や独自の高音質技術を新たに搭載した。本体と統一されたデザインの専用スピーカー付属モデルを好みに応じて選択可能。専用スピーカーは直径わずか57ミリとコンパクトながら、最大出力500mWを実現し、スピーカー下部から音楽が広がる。』

金持ち父さん研究室 ささ
金持ち父さん研究室 携帯版
金持ち父さん研究室 大阪支部
金持ち父さんロバート・キヨサキのキャッシュフローゲーム101徹底解剖

タグ

このページの先頭へ