不動産投資のABC―物件管理が新たな利益を作り出す

ロバート・キヨサキは、「金持ち父さん」シリーズの中で、 「ビジネスと投資はチームで行うものだから、 実際に行動する時には専門家にアドバイスを求めなさい」と繰り返し言っている。

この「金持ち父さんのアドバイザーシリーズ」は、 実際にロバート・キヨサキが投資やビジネスを行なう際にアドバイスをしている専門家たちが執筆している。

この『不動産投資のABC』は、 アメリカで不動産投資と物件管理を20年手がけてきたプロとしてのアドバイスをまとめたもの。 目標の立て方といったメンタルな項目から始まって、 投資物件の絞り込み方、運営計画の立て方、デューデリジェンス(適正評価)の方法、 買値の交渉、物件管理の方法など、 不動産投資をする際に押さえるべき具体的なポイントをコンパクトにまとめている。

不動産投資をしてみたいと考えている人にとって、 不動産投資とはどういうものかを理解するためのすぐれた入門書になっている。

もちろん、日本とは市場や商慣習の違いなどはあるが、 それだけに考え方などの面で学ぶべきことも多い。 日本の不動産市場にも、デューデリジェンスといった考え方が導入され始めているが、 まだまだ不透明で閉鎖的な部分が残っているので、一石を投じる意味もあるかもしれない。

本書は、ビジネスウィーク誌でビジネス書ベストセラー1位(2005年1月17日付)となり、 ニューヨークタイムズ紙のベストセラーリストにもランクインした。

不動産で金持ちになりたいと思っている人に必要なのは、まさにこの本だ。 物件の見つけ方、物件価値の評価方法や交渉術、 そしてそのプロセスで利益を上げる方法について教えてくれる、 最も信頼のおけるガイドブックだ。

この中には、手っ取り早く金持ちになるための小細工ではなく、 純利益をもたらし物件の価値を高めるための実証された方法が書かれている。

不動産投資においてもっとも重要な部分のひとつである「物件管理」という視点から、 本物の不動産のプロが贈る不動産投資のアドバイス。 目標の立て方、物件の絞り込みと評価、買値の交渉など、大事なポイントを押さえよう。


■著者略歴
マクロイ,ケン
2001年より、不動産の物件管理に関する「金持ち父さんのアドバイザー」として、 全米やオーストラリアの各都市で講演を行っている。
オーディオプログラム「プロが明かす―不動産投資を成功させる物件管理の秘密」(マイクロマガジン社)の開発者でもある。
アパートやマンションなどの集合住宅の投資・物件管理ではほぼ20年に及ぶ経験を持ち、 これまでに管理・監督を行った物件は20,000戸を超える。
アリゾナ州に本拠を置き米国西部全域で投資を行っているエムシー・カンパニーズの共同経営者の1人である。 現在、全米共同住宅協会の理事として、西部8州を含む第7地区の副委員長を務める。
2004年、アリゾナ集合住宅協会会長。
世界起業家機構や青年起業家機構の会員としても活発に活動しており、 いくつかの理事職を歴任している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


≪前に戻る次に進む≫




金持ち父さんの右側のクワドラントへの矢印 『金持ち父さん』シリーズの本一覧に戻る



不動産投資のABC―物件管理が新たな利益を作り出す

『不動産投資のABC―物件管理が新たな利益を作り出す』のご購入はこちらからどうぞ♪

不動産投資のABC―物件管理が新たな利益を作り出す

このページの先頭へ