リッチブラザー リッチシスター
―神・お金・幸福を求めて二人が歩んだそれぞれの道

ロバート・キヨサキが、今度は自らの人生と魂の軌跡について語った。共著者である妹のエミ・キヨサキは、ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォのもとで得度し、テンジン・カチョという名の尼僧として信仰の日々を送っている。
ロバートもエミも、平坦な人生を過ごしてきたわけではない。ロバートは海兵隊とベトナム戦争を経験した後、ゼロックス社のセールスマン、初めての起業の大成功と破綻、自己啓発セミナーとの出会い、教育産業での起業(一時期はホームレス状態に)、そして投資家・ベストセラー作家へという道をたどってきた。一方、エミは大学中退後、妊娠、結婚、離婚を経験し、シングルマザーの生活を送りながら宗教的探求に惹かれ、仏教と出会って出家した。二人ともさまざまな困難、挫折、失敗を経験しながら、それを乗り越え、活かしたことで今がある。
本書では、戦争と平和、生と死、幸せ、人生の意味、生き甲斐、社会貢献師、師と仰ぐ人物との出会いといった普遍的テーマにそって二人が人生を振り返り、よりよい人生を生きるにはどうすればよいか、について語っているので、人生に迷いのある人にとっては進むべき道を考えるためのいい道しるべとなるかもしれない。
これまでの金持ち父さんシリーズにはなかった精神的・宗教的要素が加味されて、ロバート・キヨサキの内面に触れることができる。キヨサキとファミリーの写真も多数掲載。

シリーズ300万部突破の大ベストセラー『金持ち父さん 貧乏父さん』」の著者、ロバート・キヨサキが、今度は自らの人生と魂の軌跡についての本を書いた。
タイトルが示すとおり妹との共著となっているが、妹のエミ・キヨサキは、ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォのもとで得度し、テンジン・カチョーという名の尼僧として信仰の日々を送っている。今回、尼僧である妹との共著ということもあり、扱われるテーマは生と死、幸せ、人生の意味、生き甲斐、使命、社会貢献など、心と魂の豊かさに焦点を当てた、抽象的かつ精神性の色合いが強いものとなっている。
ロバートもエミも、平坦な人生を過ごしてきたわけではない。ロバートは海兵隊とベトナム戦争を経験した後、ゼロックスのセールスマン、初めての起業の大成功と破綻、自己啓発セミナーとの出会い、教育産業での起業(一時期はホームレス状態に)、そして投資家・ベストセラー作家へという道をたどってきた。一方、エミは大学中退後、妊娠、結婚、離婚を経験し、シングルマザーの生活を送りながら宗教的探求に惹かれ、仏教と出会って出家した。 このように、二人ともさまざまな困難、挫折、失敗を経験しながら、それを活かし、乗り越えたことで今がある。今回は、これまで語ってこなかったこと、ふつうなら隠したいと思ってしまうようなことまで、赤裸々に語っている。
本書では、戦争と平和、生と死、師と仰ぐ人物との出会い(ロバートにとってはバックミンスター・フラー、エミにとってはダライ・ラマ14世)といった普遍的テーマにそって二人が人生を振り返り、よりよい人生を生きるにはどうすればよいか、について語っているので、人生に迷いのある人にとっては進むべき道を考えるためのいい道しるべとなるかもしれない。
精神的・宗教的要素が加味された自伝的作品を通して、これまでの金持ち父さんシリーズにはなかったロバート・キヨサキの内面に触れることができる。キヨサキとファミリーの写真も多数掲載。


【目次】(「BOOK」データベースより)
私たちが生まれた時代/戦争と平和/古い疑問への新しい答え/地上の楽園/変化する道/破られた約束/未来への展望/旅の食料/思い切って跳ぶ/悟り、そして、より充実した人生/天国、地獄、幸福/生と死/スピリチュアル・ファミリーを見つける

≪前に戻る


金持ち父さんの右側のクワドラントへの矢印 『金持ち父さん』シリーズの本一覧に戻る



リッチブラザー リッチシスター

『リッチブラザー リッチシスター』のご購入はこちらからどうぞ♪

リッチブラザー リッチシスター
―神・お金・幸福を求めて二人が歩んだそれぞれの道

このページの先頭へ