リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!
という女性のための投資入門

「金持ち父さんシリーズ」ではじめて、女性向けに書かれた投資の本が出ました。 著者は、「金持ち父さん貧乏父さん」を書いたロバート・キヨサキのパートナーであるキム・キヨサキ。

彼女は夫のロバートとともに、いくつものビジネスを立ち上げてきた実業家としてのキャリアがあります。 それだけではなく、自分自身でも不動産投資をしていて、多数の物件を保有しています。 今ではロバートよりも大規模で高額な物件を手がけ、 州政府が不動産投資を行なう際にもアドバイスを求められるほどだといいます。

そのキムが自分自身の投資家としての経験と金持ち父さんの教えを重ね合わせて書いたこの本は、 これから投資を始めようとする女性に対する、力強い励ましのメッセージです。


内容はドラマ仕立てでとても楽しく読め、投資の大切さが自然に頭に入ってくるようになっています。

ハワイで大学時代を過ごした同級生、パット、レスリー、ジャニス、マーサ、トレーシー、キムの6人の女友達が、 20年ぶりにニューヨークで再会するところから話は始まります。

お互いの身の上話に花が咲くうちに、 キムは、金持ち父さんの教えと37歳で経済的自由を得たことを話します。 それからは自然にお金と投資についての話で盛り上がり、その後もお互いに連絡を取り合いながら、 投資についての勉強が続いてゆきます。

ついには、2日にわたってキムが投資についてのプライベートセミナーを開くことになり、 これに参加したパット、レスリー、トレーシーの三人は、それぞれ自分のプランを立てて、 経済的自由への旅を歩き始めることを誓い合います。

「投資なんて難しすぎる」「投資なんて怖くてダメ」「やりたいけれど時間がない」「投資のためのお金がない」といった、 だれでもがぶつかる障害をひとつひとつ取り除いてくれる、全女性に向けた励ましのメッセージです。


■著者からのコメント
夫や家族、会社、政府に頼らずに、経済的に自立していたいと望むすべての女性にこの本を贈ります。
どんな女性でも、自分自身の人生の経済的な面をきちんと自分でコントロールしようと本気で覚悟を決めれば、 必ずその目標を達成できると私は確信しています。 実際のところ、多くの女性がそうしているのですから。 自分の人生に変化をもたらす覚悟ができている女性たち、 そして、そのために行動を起こす準備のできている女性たちに、私はこの本を通じて、 「投資」というもうひとつの選択肢を提供したいと思っています。

■カバーの折り返しより
この本は、こんな女性に読んでもらいたい。
・二度とお金のことで眠れない夜を過ごしたくないと思っている人
・将来の経済状態を自分でコントロールしたいと思っている人
・金持ちの白馬の王子様が現れるのを待つのがいやになった人
・本当の意味で自立をしたいと思っている人


■著者について
キムは「お金や投資の世界について何も知らなかった女性」のカテゴリーにぴったりあてはまる。

彼女は小さい時から、自分は女性として昔ながらの生き方をすることはないだろうと感じていた。 理由は単純だ。独立心と競争心がとても強く、何をすべきか人から指図されることが大嫌いだったからだ。

キムのビジネスキャリアは、広告業界で働くことから始まった。 まもなく、彼女の中の起業家精神が目を覚ました。 1984年に最初のビジネスを立ち上げて以来、夫のロバートとともにいくつもの起業を成功させてきた。 最新のものは、シャロン・レクターと共に立ち上げたリッチダッド・カンパニーで、 この会社はベストセラー『金持ち父さん 貧乏父さん』でよく知られている。

キムは1989年から投資を始めた。 すぐに投資が自分自身の自由への道だと悟り、熱をいれるようになった。 今日では、数百万ドルの価値のある投資物件をはじめ、多くの資産を管理している。

女性実業家であり投資家でもあるキムは今、投資することと、 自分の将来の経済状態を自分でコントロールすることの重要性を、 女性たちに伝えようと情熱を注いでいる。


抜粋
≪第三章 私の話 より抜粋≫
●女性のみなさんへ----特に一言
リッチダッド・カンパニーのおかげで、私はとても多くの女性と話をするようになったが、 そんな時よく、「女性を対象に、投資について話してもらえませんか?」と聞かれる。

この本を書こうと思い立ったのは、その希望に応えるためだ。 この本の一番の目的は、経済的に独立することがそんなに大変なことではないことを理解し、 行動を起こすきっかけをみなさんに提供することだ。経済的に独立することは誰にとっても可能だ。 必要なのは、いくらかの時間と教育だけだ。

この本全体を通して、私がはっきり伝えたいと思ったメッセージが一つある。
それは、今の時代は、私たち女性がもう他人に頼ってはいられない時代だということ、 つまり、相手が夫であれ、恋人であれ、両親であれ、会社の上司であれ、政府であれ、 経済的に面倒を見てもらうことをあてにできない時代だということだ。 私たちの母親や祖母の時代には正しかったことが、今の私たちには通用しない。

私が思うに、女性はみんな、自分自身と子供たちの生活の安定を守るために、投資について学ぶべきだ。 投資が一つの選択肢だった時代は終わった。 ルールが変わり、私たちが自分で自分の将来の経済状態をコントロールする力を持たなければならない時が来ている。

■カバー裏より
「この本はすべての女性にとっての必読書だ。今の時代は、これまでのどんな時代にもまして、女性がお金のことに強くなる必要がある。」...ドナルド・トランプ(アメリカの不動産王)

≪前に戻る次に進む≫


金持ち父さんの右側のクワドラントへの矢印 『金持ち父さん』シリーズの本一覧に戻る



リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門

『リッチウーマン』
のご購入はこちらからどうぞ♪

リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!
という女性のための投資入門

このページの先頭へ