セールスドッグ―『物売り』ではない本当のセールスとは

金持ち父さんはこう言った。
「ほんとうの営業活動とは、コミュニケーションだ。
何かを売り込むことは、相手のことを考え、話に耳を傾け、問題を解決して、相手に奉仕することなんだよ。 ……富と力、そして幸せは、コミュニケーション能力とともに向上していく」

 この本では、営業マンを5種類の犬にたとえている。
・ピットブル……積極的なアプローチや飛び込み営業を得意とする攻撃犬。
・ゴールデンレトリバー……高品質のサービスを提供することを生きがいとする。顧客にはリピーターが多い。
・プードル……イメージと外見で特定の顧客を狙い撃ちにする、究極のマーケティング・セールスドッグ。
・チワワ……調査力と専門知識を武器として、顧客を説得し売上を伸ばしていくタイプ。
・バセットハウンド……誠実さと粘り強さで相手の信頼を勝ち取る、「刑事コロンボ」のようなタイプ。

むりやり「最強タイプ」の営業マンになろうとしても、実は意味がない。 結局、人は自分以外になれないのだから。 それよりも、自分自身がどのタイプか、また顧客や上司、同僚がどのタイプかをよく見きわめよう。 (もちろん、2,3種類の特徴を兼ね備えたスーパー雑種犬であればさらに望ましい。) それぞれの個性と強みを分析し、その長所を最大限に伸ばすことが、成功への近道となる。 これが著者の生み出した「セールスドッグ」メソッドだ。

さらに、苦情処理や売り込みの秘訣、目標の設定と実現、 チームリーダーがメンバー各人を育てていくための心理マネジメントのこつなど、 具体的なアドバイスも充実している。 営業マンのタイプ論としても、コミュニケーション論としても楽しく読める。

ブレア・シンガーは営業のエキスパートで、企業研修やコンサルティングを手がけている。 ベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』の著者であるロバート・キヨサキの20年来の友人だ。 彼はこの本で、営業の世界で広く信じられている「成功するためには『攻撃型』でなければならない」という神話を打ち破り、 営業とは無関係だと思っている人にも、営業活動の面白さを教えてくれる。

著者略歴
ブレア・シンガー
企業研修トレーナー・著述家。 個人や組織のビジネス行動を変革させる最強のファシリテーター(教育的ヘルパー)の一人とされ、 独自の指導・学習・促進方法を編み出し世界的に高い評価を得る。 国際的トレーニング会社ブレア・シンガー・アクセレレーテッド・トレーニング(BSAT)を設立し、 人生を変えるセールスの成功をもたらす方法論「セールスドッグズ」を作りあげた。 バロウズ社(現ユニシス)のセールスマンとしてキャリアをスタートし、 ソフトウエア、自動会計、航空貨物と物流のすべての売上においてトップ・セールスマンとなる。 その後、講演者、トレーナー、企業コンサルタントとして引っ張りだこの存在になった。 過去12年間に、3人から1万人以上という様々な規模のセミナーや公開講座を数千回実施。 その活動は5大陸20カ国以上の地域に及ぶ。

≪前に戻る次に進む≫


金持ち父さんの右側のクワドラントへの矢印 『金持ち父さん』シリーズの本一覧に戻る



セールスドッグ―『物売り』ではない本当のセールスとは

『セールスドッグ―『物売り』ではない本当のセールスとは』のご購入はこちらからどうぞ♪

セールスドッグ―『物売り』ではない本当のセールスとは

このページの先頭へ